スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各業界に負の影響

各業界に負の影響 2013/03/03 09:52

中国の大気汚染、各業界に負の影響ー中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130303-00000002-rcdc-cn

2089052.jpg
2013年3月1日、持続的な大気汚染が経済に与える負の影響が表面化し始めている。中国気象局応急減災・公共サービス司の陳振林(チェン・ジェンリン) 司長は2月28日の記者会見で、「2月に中部・東部で濃霧が多発した。一部地域では日照不足や低温により、野菜の生産量と品質に大きな影響が生じている」 と述べた。他にも物流・港湾輸送・観光業などの各業界が濃霧による「巻き添え」を食っている。北京商報が伝えた。

統計データによると、2月以来の全国平均濃霧発生日数は2.6日に達しており、例年の同期比で0.7日増となっている。中部・東部の濃霧発生日数 は3日以上に達しており、江蘇省の大部分、河南省の中部・西部、山西省の南西部などでは、これが10日を上回っている。陳司長は「頻繁な濃霧により、華北 南東部などの地区の日照時間が120時間不足しており、例年同期の2-7割のみとなっている。小麦・アブラナ・野菜の成長が遅れ、生産量と品質に大きな影 響が生じている」と語った。

また、交通や可視度にも影響が生じており、観光地の来客数とショッピング・旅客輸送などの産業チェーン全体が損失を受けた。可視度の低下は港湾・ 陸上の物流にも支障をきたしている。データによると、今年1月は濃霧の影響を受け、全国内陸河川港湾の外国貿易貨物取扱量が前年同月比0.6%減の 2169万トンとなった。

調査コンサルティング会社・中投顧問の環境保護業界研究員の磐雨宏(パン・ユーホン)氏は、「濃霧は環境保護業界にとって利益をもたらす情報であ るが、中国全体の交通システムに深刻な打撃を与え、物流業界の輸送効率の低下を招く。小売業の貨物供給能力が課題に直面し、各業界の経済効果に与える負の 影響が相次いで表面化するだろう」と警鐘を鳴らした。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/TF)

2089037.jpg
20日、中国・北京市・天津市・河北省では今年1月10日~14日にかけ、今世紀に入ってから最も深刻な大気汚染が発生した。中国科学院の特別研究チームはこの汚染の元凶について、「石炭と自動車の排気ガス」としている。写真は1月12日の北京市。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。