スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国でしぶとく生き残る『Chromebook』--ネットブックの二の舞かと思いきや、主要メーカーこぞって参入

【PC】米国でしぶとく生き残る『… 2013/06/08 20:03

【PC】米国でしぶとく生き残る『Chromebook』--ネットブックの二の舞かと思いきや、主要メーカーこぞって参入 [06/08] 
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1370655708/-100
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2013/06/08(土) 10:41:48.34 ID:???
グーグルのブラウザー「クローム(Chrome)」をベースにしたラップトップ・コンピュータ
「クロームブック(Chromebook)」が、なぜかしぶとく生き残っている。

「生き残っている」と言っても、もともと大きな注目を集めたこともない。したがって、
そのうちに下火になるはずの製品とも思われたのだが、ここ最近になって、数々のメーカーが
クロームブックに力を入れるようになっているのだ。

クロームブックは、いわゆるネットコンピュータの一種だ。インターネットに常時接続している
ことを前提としたコンピュータで、すべてのことはブラウザを通じて行う。ドキュメント作成は
グーグルドキュメント、メールもGメール、アドレス帳もカレンダーもグーグルで、他に使いたい
アプリケーションがあれば、すべてクラウドベースのサービスを使うというわけだ。

■ネットブックの二の舞かと思いきや、主要PCメーカーがこぞって参入

数年前、「ネットブック」が盛んに売り出されていたが、これも基本的にはクロームブックと
同じくインターネット接続を前提としたものだった。ネットブックは未来型のコンピュータとも
されて、ずい分以前から発売が期待されていた。ところが、いったんお目見えすると、破格の
値段にもかかわらずそれほど売れない。そして今や風前の灯火だ。

やはりすべてのことをクラウドで、というのは少々無理があったに違いないと関係者は感じていた
から、クロームブックもいずれ同じ運命をたどるものと考えられてきたのである。

ところが、現在クロームブックは、ご本家のグーグル製のものをはじめとして、エイサー製、
サムスン製があり、最近になってHPが加わった。レノボも教育市場向けにクロームブックを
発売している。すでに、12インチ、14インチなどスクリーンサイズもいろいろあり、タッチ
スクリーン型まである。各社は、今年後半にさらに新しいモデルも出す予定だ。エイスースも
陣営に加わるらしい。

●グーグル謹製のクロームブック「Chromebook Pixel」は、高解像度のタッチスクリーンを
装備した高性能モデルだ
2178468.jpg


http://diamond.jp/articles/-/36926
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。