スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米研究家「血塗られた金は要らない」

【禁聞】米研究家「血塗られた金… 2013/06/04 18:51

【禁聞】米研究家「血塗られた金は要らない」

【新唐人2013年6月3日付ニュース】アメリカのある研究者が排気ガスから二酸化炭素や二酸化硫黄、硫化水素などを分離し、液化してから再利用する技術 を開発しました。この技術に興味を持った中国当局が6千万ドルの研究費用や大学研究室および技術者チームを提供すると持ちかけましたが、研究者は拒否しま した。この巨額の利益を目の前に、なぜ断ったのでしょうか。報道をご覧下さい。

本部をアメリカに置く英文大紀元時報によると、カリフォルニア州シリコンバレー在住の企業家で技術開発者のジェフリー・ヴァン・ミドルブルック (Jeffrey Van Middlebrook)さんは、再三の考慮の末、中国当局との技術提携を断りました。ミドルブルックさんは、中国当局の金は人民を殺害し臓器を販売して 得た血塗られた金なので、この種の金は欲しくないと示しました。

中国作家 荆楚さん
「彼のような発明家は良心のある人です。彼の為に喝采を送ります。中共は科学技術領域で、影響力を与えたいので納税者の血税を惜しまず、この方面の資金援 助を行っていますが、この金は汚れており、血の付いた金なので、この科学者に拒否されました。人類科学史上においてとても気概のあることです」

2006年、ミドルブルックさんは排気ガスから二酸化炭素や二酸化硫黄、硫化水素などを分離し、液化してから再利用する技術を開発しました。

その後、アメリカ国内で資金援助の呼びかけを行ったものの、政府も企業も、工業規模の大きい装置と技術研究にかかる巨額投資を渋っていました。2011年、中国がこの技術の購入に名乗りをあげ、ミドルブルックさんは2度中国当局と技術者代表団と面会。

2012年初め、中国当局は6000万ドルの研究開発費と大学実験室、科学者とエンジニアチームを提供し、その技術を中国の工業プロジェクトに応用する話 を持ちかけました。2012年5月、話し合いは順調に進み、ミドルブルックさんは9月の中国行きを計画していました。しかし、ミドルブルックさんは中国当 局による法輪功学習者に対する臓器狩りの事を知ることになり、結局、中国との提携を白紙に戻したのでした。

安徽省 朱さん
「この発明家が行った事は正義感のあることです。中共のカネは庶民のカネで、法輪功学習者の臓器を売ったカネです。彼の発明技術を中共が持っていっても、庶民のためではなく、中共利益集団の為に使われ、中国庶民とは何の関係もありません」

ミドルブルックさんはためらいました。大紀元に対し、“6000万ドルの大金は研究者にとってはかなり魅惑的だが、中国政府が行っているおぞましい事を思うと、食事も睡眠も取れない“と心のうちを明かしました。

在米中国問題研究家 張健さん
「彼の身から我々は屈しない精神と人類共通の普遍的な価値観への尊重を見る事ができます。中共からの巨額の利益を受け入れると、名利ともに得られますが、彼は中国人民の血で塗られたカネを拒絶したのです。稀に見る方です」

アメリカ在住の中国問題専門家・張健さんは、中国当局に協力している専門家や政府はみな、中国人民の傷口に塩をふりかけており、中国人を迫害する中国共産党の共犯者であると指摘します。

在米中国問題研究家 張健さん
「彼は名利ともに得られるルートを放棄すると、同時にこの方法で中共と切り離したのです。彼はもっと大きな方法で、中国人民の為に幸福をもたらしているのです」

ミドルブルックさんは、大紀元にこのように述べました。“自分の発明と技術が実現できなくても、鏡に映っている自分に堂々と言える。「私は人民を虐殺している政府から血塗られたカネを受け取らなかった」と”。

在豪中国歴史学者 李元華さん
「中共の臓器狩りに対して、見て見ぬ振りをすることは是非の前で正義を選択するか、それとも権勢者に取り入るか、或は眼前の小さな利益の為に最低限の良識さえ捨てるかの選択です」

今年3月7日、ドイツの週刊紙“ディー・ツァイト”が紙面を大きく割いて、中国当局が生きた法輪功学習者から臓器を奪取し、西側諸国の患者に販売している 事を報道。3月21日、オーストラリア連邦議会上院は、国連と欧州理事会で通過した生体からの臓器摘出に反対する議案に対する支持案を、全員一致で通過し ました。

3月28日、アメリカのピッツバーグでは“臓器移植が中国で乱用”と題するシンポジウムが開かれました。移植界の権威であるクリストファ・ヒューズ (Christopher Hughes)氏は、世界の臓器移植業界は生体臓器狩りの問題に注目し、中国当局に圧力を加えるべきだと示しました。

新唐人テレビがお伝えしました。
http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2013/05/25/atext903603.html  (中国語)
(翻訳/坂本 ナレーター/村上 映像編集/工)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。