スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性特有の“働かない”X 染色体の仕組みを解明

【分子生物学】女性特有の“働か… 2013/05/30 19:57

【分子生物学】女性特有の“働かない”X 染色体の仕組みを解明/北大
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1364817546/-100
1 :エタ沈φ ★:2013/04/01(月) 20:59:06.66 ID:???
性別を決定するX、Yの性染色体のうち、女性が持つX染色体2本の片方が働かなくなる仕組みの一つを、北大大学院
先端生命科学研究院の小布施力史(おぶせちかし)教授らの研究グループが初めて解明した。染色体異常による疾患
の治療、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の効率的な作製につながることが期待される。

科学誌「ネイチャー」の姉妹紙「ネイチャー・ストラクチュラル・アンド・モレキュラー・バイオロジー」(オンラ
イン版)で1日、発表する。

男性はX染色体とY染色体を1本ずつ、女性はX染色体を2本持つ。男女とも正常に生まれるためには、X染色体が持つ遺
伝情報1本分だけが必要だ。

このため女性の細胞ではX染色体1本だけが機能し、残りの1本は、元来の長いひも状から小さく折り畳まれて働かな
くなることまでは分かっていた。

詳しい仕組みや構造は明らかになっていなかったが今回、女性の働かない方のX染色体に多く存在するタンパク質
「HBiX1」を発見。このタンパク質が別のタンパク質と結合してX染色体を小さく凝縮させ、機能しないようにして
いることが分かった。

北海道新聞4月1日朝刊掲載
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/454077.html

北海道大学 プレスリリース
http://www.hokudai.ac.jp/news/130401_pr_sci.pdf

北海道大学 大学院先端生命科学研究院 分子細胞生物学研究室 ホームページ(やさしい解説あり)
http://www.lfsci.hokudai.ac.jp/labs/infgen/nsmb2013/
2171001.jpg

私たちヒトの性を決める性染色体は、男性はXとYが1本ずつ、女性はXが2本の組み合わせです。女性の細胞では、2本のX染色体のどちらか1本が働かない ように小さく折りたたまれて「凝縮」していることが古くから知られています。女性のX染色体を働かなくすることは、生命の存続にかかわるほど非常に重要な 現象にもかかわらず、どのようにして染色体が折りたたまれるのか詳細な仕組みは分かっていませんでした。
今回私たちは、X染色体の凝縮をつかさどるタンパク質を突き止めることに成功し、その研究成果がNature姉妹誌のNature Structural & Molecular Biology誌に掲載されました。
このページでは、論文のポイントをできるだけやさしく解説していきます。

2171035.jpg
2171009.jpg
2171050.jpg
2171016.jpg
2171036.jpg
2171053.jpg
2171054.jpg


Human inactive X chromosome is compacted through a PRC2-independent SMCHD1-HBiX1 pathway
http://www.nature.com/nsmb/journal/v20/n5/abs/nsmb.2532.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。