スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雷に打たれても無事だった」体験レポート

「雷に打たれても無事だった」体… 2013/05/29 06:44

「雷に打たれても無事だった」体験レポート
http://wired.jp/2013/05/28/i-was-struck-by-lightning-yesterday-and-boy-am-i-sore/
ノースカロライナ州郊外の自宅で、仕事中に窓から入ってきた雷に打たれたが無事だった記者の体験を紹介。こうした人は案外多く、表皮には稲妻型の跡が残る場合もあるという。
TEXT BY JASON MARLIN
IMAGE BY AURICH LAWSON / DEREK RIGGS
TRANSLATION BY RYO OGATA, HIROKO GOHARA/GALILEO

ARS TECHNICA (US)
2169917.jpg

「雷に打たれたとき、あなたは靴を履いていましたか」と救急隊員は尋ねてきた。は? とわたしは思った。なんで靴なんかにこだわっているんだ?

話を戻そう。わたしは昨年秋、家族とともに自然を求めてシカゴからノースカロライナ州アッシュヴィルに引っ越した。都市にもほど近いが、家の裏にはたくさ んの動植物たちがいるという過ごしやすい環境だ。ネズミが走り回るゴミ置き場でなく、クマがゴミ箱をはり倒す環境になったし、摩天楼でなく山が見える環境 になった。

昨日のこと、わたしは自分の仕事場、つまりは改装したガレージで椅子に座っていた。外はいまにも雷雨になりそうだった。仕事仲間とネット会議を終えたあ と、仕事に戻ろうとしたときには嵐はかなり激しくなっていた。わたしは椅子にもたれて、紫色の世界に緑色の光が走る光景を見ながら「なんて美しいんだろ う!」と思っていた。

その瞬間(この部分の記憶は少々曖昧なのだが)、明るい電気の弧が窓を通り抜け、そのままわたしの胸を貫いた。空から来たのか地面から来たのかははっきりしないが、とにかく、その明るい弧によって、わたしは椅子からはじき飛ばされた。

コンクリートの床にいったん打ちつけられたが、反動で両足で立つ姿勢になり、そのまま全速力で本棚に突っ込んだ。「OK、俺は死ぬんだな。倒れてはいけない。気を失ってはならないぞ」と思ったのを覚えている。

雷の一撃は、巨大な除細動器の一撃に似ていると読んだことがある。それについてはわからないが、子どものころに電気柵に触れたときよりも格段にひどい感じがした。

わたしはよろめきながら仕事場を出て、家に向かった。家では妻と子どもたちが怯えた様子でわたしを見ていた。妻たちはあの閃光を見て、至近距離への落雷に よるあのものすごい音を聞いていたのだ。息子のフェリックスは、閃光が非常に明るかったので、雷は台所を通り抜けたのだと思っていた。

わたしがサイコパスのように目を見開き、ふらふらと家に入ってきたものだから、何かが起きたということはみんながわかった。「ええと…911(米国の救急番号)に電話すべきだと思う」とわたしはつっかえながら言った。
2169919.jpg

2169920.jpg2169921.png

2169922.jpg

この時点でわたしはまだ座ることができなかったため、コカインに酔った優等生のように胸を押さえて家の中を歩き回っていた。妻のクリスが救急電話をかけてくれた。

「すみませんが……夫が靴を履いていたかどうかを尋ねていらっしゃるんですか?」とクリスは電話口で話し、わたしに電話を渡した。

どうも、雷に打たれたときは靴が絶縁体になるという考え方が広まっているようだった。しかし、カイル・ヒルがブログ記事に書いているように、「雷は(とびきりの絶縁体である)空気中を何kmも進んできたはずだ。だとすればどんな絶縁体であれ、ほんの数mmで保護になるとは考えがたい。……足の裏に何があるにせよ、効果はほとんどないものとわたしには思われる」

救急車のサイレンを鳴らして救急隊員が到着したころには、具合はずいぶんよくなっていた。まだアドレナリンが出ていて、痛みは感じなかった。救急隊員はわ たしのバイタルサインを確かめ、検査のために病院に行くように言った。わたしはその申し出を断り、何か問題が起こったらかかりつけの医者のところに行くと 約束した。

つまり、わたしの祖母は雷に2回打たれたことがあるし、わたしもそれほどひどい状態ではなさそうだったからだ。焦げ跡はなかったし、印象的なリヒテンベルク図形の傷跡も残らなかった(リンク先は、雷に打たれた人の表皮に残る稲妻型の跡の例を集めた写真集。リヒテンベルク図形というのは、絶縁体のなかを電流が走る稲妻状のパターンのこと)。

その後、ぼんやりとした混乱状態で過ごしながら、自分は正真正銘の新しい恐怖症になったようだと思い至った。昨夜、この地域にさらに雷雨が訪れたとき、わ たしは眠くて意識がはっきりしない子どもたちを家のいちばん中心に集め、そこで寝るために、間に合わせの枕の救命ボートを作った。眠っている小さな子供も 起こした。狂気に陥っているとしか言いようがない。

今回の体験はあまりにシュールだった。わたしはコンクリートの床の上で電子機器に囲まれていた。それは最悪のシナリオとも言えるようなものだった。驚くことに、わたしからわずか数十cmの位置にあったノートパソコンもモニターも無事だった。

今日はどうかというと、全身が痛く、内臓にまで説明が難しい痛みがあるが、無傷で済んだのは幸運だったと感じている。畏怖と恐怖を分ける境界線は実に細い。わたしはいま、その線の右側に連れてこられて抜け出せないでいる。

そして……そう、わたしはそのとき、靴は履いていなかった。

※Wikipediaによると日本での落雷による年平均被害者数は20人、うち死亡者数は13.8人であり、被害者の70%が死亡している。米国では、年平均被害者数400名、死亡者数62名、死亡率は15.5%(2008年)だが、この数は直撃雷を含まない。直撃雷による死亡率は一般に約80%とされる。

 中国の仙道に雷法という、雷を受けて仙人になる方法が有るそうですし、高電圧に帯電させて指先から稲妻を発生させるというデモンストレーションもTVで放送しているのを見たことがあります。

 雷撃を受けて生死を分けるのは、電流の強さと、電流の流れる経路しだいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。