スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最もクールな10大ハイテク歩兵装備

【技術】最もクールな10大ハイテ… 2013/05/10 21:35

【技術】最もクールな10大ハイテク歩兵装備
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1368019779/-100
1 :科学ニュース+板記者募集中!@pureφ ★:2013/05/08(水) 22:29:39.61 ID:???
最もクールな10大ハイテク歩兵装備(上)

(1)レーダーヘルメット
2153561.jpg

煙霧、暗闇、灌木、壁、砂嵐は部隊の視野を遮り、潜在的な危険を生じさせる。レーダーヘルメットはこの問題を
解決するために開発された。兵士はモーションセンサーを通じて半径25メートル内の「動き」を見ることができる。
1セット1.1キロ以下で、ヘルメットにかかる重さは半分以下だ。この装備があれば待ち伏せ攻撃をいち早く発見できる。
新華網が伝えた。

(2)ランドウォリアー・システム
2153546.jpg

ランドウォリアーはハイテク装備で歩兵を武装する一里塚的な計画だ。都市その他大型装甲車や長距離兵器を
使用できない区域で歩兵の戦闘能力を高めることを目的としている。コンピュータ、GPS装置、携帯無線機、ビデオ
カメラその他のランドウォリアーの装備は、戦場での洞察力と個人戦闘能力を高めるためのものだ。

(3)リストバンドディスプレイ
2153580.jpg


兵士の腕につけられたディスプレイが重要な情報や無線データの送受信の中枢となる。もちろん、他にも多くの用途が
ある。フレキシブルな電子書籍、伸び広がる携帯電話、丸めてバッグに入れられる携帯テレビといった具合に、民生
転用にも大きな将来性がある。

(4)iPod Touch
2153548.jpg

米兵にとって銃以外にiPod TouchやiPhoneも最も重要な携帯装備の1つだろう。iPodは単なる音楽プレーヤーと
いう以上に、適応性と耐久性に優れたマイクロコンピュータだ。実際、米軍がiPodを使用してからすでに何年にもなる。
例えばVcommunicator Mobileというアプリはクルド語やアラビア語での現地人と交流する助けとなる。狙撃手は
Bullet Flightという弾道計算機を愛用している。射程と大気データを入力するだけで、射撃に必要な重要数値を
算出してくれる。この他、電話会議を可能にするアプリ、iPodを爆発物処理ロボット用リモコンに変えるアプリもある。

(5)ウェアラブル燃料電池
2153601.jpg

M-25は燃料電池システムと直接メタノール技術を結合したウェアラブル電源だ。従来型の電池と比べ80%軽量化
しているが、少なくとも72時間続けて電力を供給できる。最低20W、最高200Wの電気を持続的に供給できる。(編集NA)

「人民網日本語版」2013年5月7日
http://j.people.com.cn/95952/8235214.html

最もクールな10大ハイテク歩兵装備(下)

(6)赤外線暗視装置
2153618.jpg


暗視装置によって兵士は暗闇を十分に利用し、優勢に立つことができる。だが暗視機能のみでは完全でなく、
将来は近赤外線探測能力も統合することとなる。敵が非常に狡猾で肉眼や普通の暗視装置では発見困難な
状況もあるが、新型暗視装置の眼からは逃れられない。どんなにうまく隠れようとも、自らの赤外線信号を遮断
するのは不可能だからだ。

(7)不意の射撃探測器
2153634.jpg

複雑な戦場の環境では、パトロール隊は不意の射撃に遭うと混乱に陥りやすい。この時最も大切なのが狙撃手の
位置を把握することだ。不意の射撃探測器がこの問題を解決してくれる。重さ約2ポンドで、4つのセンサーによって
音を分析し、敵の方位情報を算出して直ちにディスプレイに表示してくれる。

2 :科学ニュース+板記者募集中!@pureφ ★:2013/05/08(水) 22:29:47.47 ID:???
 (8)ハイレベル戦闘ズボン
2153619.jpg


陸軍の戦闘服が「耐久性」の問題を抱えることはとうに秘密ではなくなっている。昔は膝を保護するためにパトロール
兵はみな膝当てを身につけていた。だが膝当ては長く使うと汗で湿り、固定用のベルトによって腰から太ももの内側に
かけての部分も不快になった。解決策は膝の部分にハイレベル弾性繊維を使用すると同時に、臀部にも抗摩耗塗
膜の特殊材料を使用し、苦痛を軽減することだ。

(9)ゴールデンアイ
2153635.jpg


ゴールデンアイは兵士用のポータブルコンピュータで、ヘッドホンと0.44インチディスプレイを備える。音声識別技術で
データベースにアクセスし、画像や地図を表示する。車を運転する際にまずカーナビの情報を確認してどこへ行くかを
決定するのに似ている。

(10)防弾パンツ
2153608.jpg

ケブラー繊維の強靱性は誰の目にも明らかだ。道路脇爆弾の脅威に対して、兵士の頭にはヘルメット、胴体にも
防弾チョッキがある。腰から膝にかけての部位だけが防護が弱く、負傷しやすい。防弾パンツはこうした状況の下開発
され、すでにかなり発展している。民間用を開発した会社もある。(編集NA)

「人民網日本語版」2013年5月8日
http://j.people.com.cn/95952/8235515.html
14 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 23:53:15.28 ID:w1uVZYNP
何でこれが入ってないんだよ?
十徳ナイフレベルの万能さを誇る中国の多目的軍用シャベル
http://gigazine.net/news/20101221_wjq308/


36 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:12:18.98 ID:b90/Htw3
 2.レーザー距離計・GPS・レーザーリングジャイロを使用した歩兵の観測兵化

1)砲兵は射程が東京-横浜の距離を越えて、砲側からの視界の外を撃っている

2)「砲兵所属の前進観測兵」を前方派遣しているが、歩兵からの「前方の敵を撃ってくれ
座標は05-40」に対して05-40を観測しても敵が見えない(碌な観測機器がない歩兵の観測間違い)

3)歩兵分隊7-10人の分隊長に、レーザー距離計・GPS・レーザーリングジャイロ内蔵の
スコープを持たせ、「歩兵総観測兵化」を目指した
-------------------------
3.敵味方位置&指令のマップ表示と、生命診断・生体認証機構

1)無線で座標で敵味方の位置や命令を伝えているが、わかりにくく、しばしば
現実にはその座標に敵が居らず、移動してたり、計測間違いだったりする

2)タブレットに敵味方位置&指令をマップ表示すればわかりやすいが
分隊長が戦死して、敵にタブレットを奪われたら、味方の情報が筒抜けになる

3)そのために、タブレット使用者の生死・生体認証をする機構我必要になった
-------------------
■OICW 分隊長用小銃
1)熱赤外線暗視/通常スコープ
2)レーザー距離計/リングジャイロ方位仰角計/GPS
3)20mm擲弾銃
4)小銃(騎兵銃) が一体になった 分隊長小銃
----
5)分隊長用 生体センサー付きタブレット
6)電源システム を開発した
------------------
現状 重くなりすぎ、また20mm榴弾の威力不足、軍事費削減で予算不足もあって
配備は見送られてしまった
http://ja.wikipedia.org/wiki/XM29_OICW
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。