スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【医学】アルツハイマーや認知症などの原因物質「タウ」が、患者の脳内に蓄積した様子を可視化することに成功/放射線医学総合研究所

【医学】アルツハイマーや認知症などの原因物質「タウ」が、患者の脳内に蓄積した様子を可視化することに成功/放射線医学総合研究所
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1379557797/-100
1 :ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/09/19(木) 11:29:57.43 ID:???
アルツハイマー病など認知症の原因物質の一つとみられるたんぱく質「タウ」が、
患者の脳内に蓄積した様子を可視化することに成功したと、
放射線医学総合研究所(千葉市)のチームが発表した。

発症の早期発見や症状進行度の評価への応用が期待できるという。
米科学誌ニューロン電子版に19日、掲載される。

樋口真人(まこと)チームリーダー(神経科学)らのチームは、
タウと結び付いて弱い放射線を出す、特殊な化学物質を開発。
これを注射して、放射線を体外から測定すると、タウの蓄積した場所が浮かび上がった。

この技術で検査したところ、アルツハイマー病の患者は、記憶をつかさどる「海馬」という領域に
タウが蓄積していた。症状が進行した患者ほど、脳内の広い領域でタウが増加していた。
アルツハイマー病とは別の認知症の患者も、タウが脳内に蓄積していた。

ソース:読売新聞(2013年9月19日10時04分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130919-OYT1T00268.htm
画像:ダウが蓄積している海馬
20130919-840850-1-L.jpg


関連リンク:放射線医学総合研究所のプレスリリース
http://www.nirs.go.jp/information/press/2013/09_19.shtml
関連リンク:neuronに掲載された論文要旨
「Imaging of Tau Pathology in a Tauopathy Mouse Model
and in Alzheimer Patients Compared to Normal Controls」(英文)
http://www.cell.com/neuron/abstract/S0896-6273(13)00661-2

関連スレ:【医学】目の検査でアルツハイマーを早期発見、ベータアミロイドの蓄積検査 米国で研究進む 
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1377006900/
14 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 11:59:29.25 ID:GwwvkmKb
情報科学紙ならこれでもよいが、大衆一般新聞としてはダメな記事。
発表された情報を何も調べもせずにただ流しているだけ。
記者が意味を理解しているかも疑わしい。
一般新聞なら主にタウを含有する食材についてまで踏み込んで書かないと片手落ち。

15 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 12:15:00.86 ID:+Etd0HGm
アルツハイマーについては、脳細胞が糖を取り込むことが出来なくなり壊死することで進行するということがわかっている。
また、脳細胞のエネルギー源としては従来は糖のみと言われていたが、脳細胞はキトン体も取り込み、エネルギー源とすることが出来る事が確認されている。
このことから、米国国立衛生研究所ではアルツハイマー病の進行抑制及び症状の改善の研究が既に進行している。
なお、これらの研究は亡くなった日本人研究者の仕事を基にしている。

厚労省って、一体何をしてるんだろう。

http://www.aluminum.or.jp/aluminum-hc/p_1/pdf/20121106_03.pdf
http://www.naoru.com/arutuhaima-.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。