スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にA級戦犯はいません!

【BLOGOS】日本にA級戦犯はいま… 2013/04/24 18:40

【BLOGOS】日本にA級戦犯はいません![4/24]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1366785772/-100
1 :ニライカナイφφ ★:2013/04/24(水) 15:42:52.06 ID:???
◆今あらためて確認・・・我国には戦犯はいませんっ!!!!

内外共に、閣僚の靖国参拝について騒がしいですね。
もう一度史実を確認してみましょう。

所謂A級戦犯は、靖国に合祀してある14人だけではありません。
起訴された所謂A級戦犯は、荒木貞夫、板垣征四郎、梅津美治郎、大川周明、大島浩、
岡敬純、賀屋興宣、木戸幸一、木村兵太郎、小磯国昭、佐藤賢了、重光葵、嶋田繁太郎、
白鳥敏夫、鈴木貞一、東郷茂徳、東条英機、土肥原賢二、永野修身、橋本欣五郎、畑俊六、
平沼騏一郎、広田弘毅、星野直樹、松井石根、松岡洋右、南次郎、武藤章の28名です。

さて重光葵などは7年の禁固刑の後、1951年に出獄後、改進党総裁・日本民主党副総裁を務め、
第一次鳩山一郎内閣では外務大臣を務めました。

また賀屋興宣も1955年、仮釈放され、1958年正式赦免。自民党公認で総選挙に立候補し初当選。
1963年第2次池田改造内閣に法務大臣として入閣していますし、第3次池田内閣でも留任しました。

つまり服役の後、名誉を回復しているのです。

共に元所謂A級戦犯です。
我々は彼等をまた、彼らの家族たちを戦犯扱いしているでしょうか?
服役をし罪を償ったのだから、罪人扱いはしていません。

一方、絞首刑になった7人を含む14人の名誉は回復されているでしょうか?
遺族の皆さんは死をもって償ったのに、いまだに名誉が回復されていないことを
どう考えているのでしょうか?
そして、われわれはそれをどう理解しているのでしょうか?

同じ所謂A級戦犯なのに絞首刑者、獄中死者と服役後社会復帰した者と
「歴史の扱い」が違うのは如何なものか?大いなる疑問です。

同時に我国にはA級戦犯はいないというのが私の理解です。
それは国会で決定されています。
昭和28年8月に遺族等援護法が改正されて、連合軍により軍事裁判で有罪とされた
すべての人たちは、日本の国内法においては罪人とみなさないという判断基準が明確に示されている。
これは選挙で選ばれた国民の代弁者の決定、つまり「国民の総意」と理解すべきでしょう。

我国は法治国家です。
ならば、私は先代達のこの決定を尊重します。
我国には所謂A級戦犯は存在していないのです。
(長尾敬)

BLOGOS(ブロゴス) 2013年04月23日 21:15
http://blogos.com/article/60875/
9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/04/24(水) 15:49:01.91 ID:VeUPM7by
【領土問題】「中国には国際法廷の結論に従わない権利ある」=新華社[04/24]
さらに
国際法廷ですら従わないって宣言しちゃってる国には
もう何にも言う権利はありませんね。
50 :璃 ◆laZuLi/Jn2 :2013/04/24(水) 16:23:21.43 ID:mg4i0Z2K
>>1
言ってることは間違ってないんですけど・・・・・・・・・・
サンフランシスコ条約に基づいて、国会決議で名誉回復されてるんですよね。
 社 会 党 が 先 頭 に 立 っ て 、名誉回復の道議が為されましたから。
ちなみに、サンフランシスコ条約に基づいているので、戦勝国の承認もちゃんと得ています。
55 :氷水のプロ ◆.rmQHiMIZU :2013/04/24(水) 16:24:21.05 ID:VytPGkDW
>>50
その社民党は今
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1759220.html
2137935.jpg
56 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/04/24(水) 16:24:29.27 ID:Lsj5WOeU
台湾 李登輝 前台湾総統

【台北=河崎真澄】60回目の終戦記念日を前に台湾前総統である李登輝
氏(82)は産経新聞と会見し、「他国が靖国神社をうんぬんする資格はなく、
小泉純一郎首相はきちっと時間通りにやればよい」と述べ、小泉首相による
8月15日の靖国神社参拝を支持した。 

李氏は靖国問題をめぐり「中韓の反日運動の高まりは、その目的がどこにあるかを
考えるべきだ。中韓が靖国神社への批判を始めたのは中曽根康弘元首相の時代
から。日本を追い抜きたいがための政治的な要求(圧力)だろう」と指摘。
「小泉首相が参拝を取りやめても何の解決にもならず、中韓は別の問題を
持ち出す。小泉首相はきちっと時間通りに(参拝を)やればよい。靖国神社を
他国がうんぬんする資格などない。私の実兄も祭られており、東京に行く機会が
あれば参拝したいと思っている」と語った。

李氏は日本統治時代の台湾で生まれ育ったが、日本の台湾統治について
「日本統治は台湾にとって大きな転換期。日本が残した教育と人材は、
戦後の台湾工業化の基礎になった」と高く評価した。

その一方で、日本の後で台湾を統治した中国国民党政権の蒋介石元総統に言及、
「日本人は蒋元総統の『以徳報怨(徳をもって怨みに報いる)』との言葉と戦後
賠償の放棄に感謝するが、(国民党政権が戦後)台湾で接収した日本時代の
資産は工業インフラや不動産など、賠償以上の価値があった」と冷静に評価
すべきだとの考えを示した。

米中関係や今後の日本の国際的な役割に関しては「米国は戦略的に中国包囲
網を作っている。中国はいくら軍拡しても米国に勝てないことを知っており、米中
戦争は起きない。米国は世界の石油を握っている。日本は世界戦略の中で態度を
はっきりさせねばならず、日米同盟を基軸に民主主義と自由主義の陣営にあって
政治的な役割を果たすべきだ」と指摘。日本が国連安全保障理事会の常任
理事国になろうとしていることについても「当たり前のこと」と支持する姿勢を
示した。

産経新聞
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。