スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレパシー能力をあげる実験「ガンツフェルト法」

テレパシー能力をあげる実験「ガ… 2013/04/20 21:25

テレパシー能力をあげる実験「ガンツフェルト法」
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51508514.html
af27674f.jpg
 メタ超心理学なテレパシー実験として知られているのがこの「ガンツフェルト法」。

この実験は、隔離された部屋にそれぞれ置かれた「送信者」と「受信者」が必要で、まず「受信者」の目にピンポン玉を半分にカットしたものをのっけて赤い 光を浴びせて視野を均一化する。さらに耳にはヘッドフォンをつけて白色雑音(ラジオのノイズなど)が聞かせられる。「受信者」の全感覚、すなわち全体野へ の入力がどれも遮断された状態をつくり、「送信者」大量の画像やビデオクリップの中から無作為に選ばれたものを一つ見せられ、超常的な方法(テレパシー) によってそれを受信者に送ろうとする。
 この実験を何千回も繰り返すことによって、期待される確率よりもほんの少しだけ正しく有意な予知ができるという結果が得られたそうなんだけど、自分のテ レパシー能力を上げたいおともだちの場合には、ちょっとやってみるといいかもしれないんだ。「受信者」は若干トランス状態に入れるという噂もあるんだ。







テレパシー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC
超心理学のガンツフェルト法
超心理学においてテレパシーの実験でしばしば使用される方法に「ガンツフェルト法」がある。 ケストラー記念超心理学部の主任教授であったロバート・モリスは、ホノートンと合流し、ホノートンはガンツフェルト実験を開発した。(ガンツフェルトとは「全体野」を意味する)。ガンツフェルト実験では、被験者の目はアイマスクで覆われ、耳にはイヤホンを付け、ホワイトノイズが 流される。被験者の全感覚、すなわち全体野への入力がどれも遮断されるのである。こうして世界から感覚的に隔絶した状態で被験者は隣の部屋で一連の絵を眺 めている実験者からの情報を受け取ろうと試みる。この実験を何千回も繰り返すことによって、期待される確率よりもほんの少しだけ正しく有意な予知ができる という結果が得られたとも述べられている。ホノートンが厳密に練り上げた研究プログラムは、ホノートンが1991年に亡くなった後も続けられているとも言われている。
白色雑音(ホワイト・ノイズ)






これで貴方もテレパシー能力者
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。