スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京で家禽殺処分 損失は市民が負担

南京で家禽殺処分 損失は市民が… 2013/04/16 09:03

南京で家禽殺処分 損失は市民が負担

【新唐人2013年4月16日付ニュース】最 近、南京市都市管理局が、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスの拡大を防ぐため、市の全ての鶏を殺処分すると発表したことが、中国世論の焦点となってい ます。一方、このことは市民の強烈な不満を買い、鶏を守るために城管(じょうかん)と呼ばれる都市管理局の職員と対抗する市民に対し、ネット上では声援が 上がっています。

南京市都市管理局が近日“最後通牒”を出し、4月9日までに、市民が飼っている家禽を全部処分するよう命じました。応じない者に対しては当局が殺処分を強行するとのことです。

南京市建鄴区都市管理局
「この水曜日から全ての通りをパトロールしています。鶏や家禽の飼育を発見した場合、自ら殺処分するよう説得しますが、応じない場合は殺処分を『手助け』します」

南京市民 李龍さん
「許可証のない市民が飼っている豚や鶏を彼らは全部殺しました」

中国メディアによると、 4月11日、南京市建鄴区(けんぎょうく)の女性が、家で飼っていた鶏3羽を隠そうとしたところ阻止され、城管と口論になりました。興奮した女性はビール瓶で城管を殴り、けがを負わせ、地元派出所に呼び出されました。

「鶏3羽を隠そうとしたが、阻止された女性が城管と口論になった。興奮した女性はビール瓶で城管を殴り、けがを負わせ」

南京市建鄴区都市管理局
「けがをした城管隊の職員は応援に来ていて、多分町内会の所属です」

報道によると、南京市都市管理局のこの殺処分令に対し、多くの市民が抵抗を見せています。一方、家禽の殺処分による損失は公共財政から捻出されるのか、それとも市民が負担するのかまだはっきりしないそうです。

南京市民 李龍さん
「新聞には政府が損失の50%を補助すると載っていますが、市場はこれを認めていません。政策を実行できるかどうかまだわかりません。庶民のことは誰もかまってくれません」

香港では鳥インフルエンザが原因で生きた家禽 の取引市場を封鎖するといったことを何度も経験していますが、その都度の損失は政府が全額負担しています。これに対し、中国のネットユーザーは “南京の城管は鶏の殺処分を強行するだけで、相応の補償制度やフォローは何もない。それでは庶民が愚痴をこぼさない理由がどこにあるのか” と不満をこぼします。

新唐人テレビがお伝えしました。
http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jp/society/2013-04-15/420593678974.html


http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2013/04/13/atext879923.html(中国語)
(翻訳/坂本 ナレーター/岡崎 映像編集/工)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。