iOSより利用頻度が低い、Androidユーザーの謎

iOSより利用頻度が低い、Android… 2013/04/12 23:28

iOSより利用頻度が低い、Androidユーザーの謎
http://wired.jp/2013/04/11/ios-versus-android-usage/
2126818.jpg
Androidは端末シェアこそiOS端末より多いが、利用率ではiOSの後塵を拝したままだ。

スマートフォンOSの市場シェアで、iOSをはるかに上回るAndroid。しかし不思議なことに、ユーザーの利用率ではいまだに後塵を拝している。

例えば調査会社IDCのデータでは、2012年第4四半期のスマートフォン販売台数でAndroid端末が全体の70%を占めていたのに対し、iOSのシェアはわずか21%。また、調査会社ガートナーからも同様のデータが発表されていた。

その一方で、例えばモバイル端末からのウェブブラウザ利用では、この比率が逆転。iOS(Safari)が61%に対して、Androidブラウザは約3分の1だったというデータがNet Applications社から発表されている。同社では、2013年3月に実施した4万を超えるウェブサイトを対象にする調査(アクセス数は合わせて約1億6,000万回)から、この結果を導き出したという。

これと同じような逆転現象が、飛行機内でのWi-Fiの利用や、ネット動画の視聴に関するデータにも現れている。Gogo社が行った機内Wi-Fiの利用に関する調査では、全体の84%がiOS端末によるものだった。また、ネット動画の視聴動向を分析したOoyala社が2億人のユニークユーザーを対象に行った調査では、iOSユーザーの動画視聴回数はAndroidユーザーの2倍という結果が出ている。

Androidよりユーザーが少ないiOSが、Androidの2から5倍も利用されているのはなぜだろうか。そのヒントになりそうな要素はいくつかある。

まず、iOSユーザーはAndroidユーザーに比べ、わずかに年齢層が低い。 18〜24歳のユーザーが全体に占める割合を比べてみると、iOSでは19%なのに対し、Androidでは16%となっている。年上のユーザーよりも、 若いユーザーが四六時中スマートフォンの画面に触れている傾向が強いことを考えると、iOSのほうがよく利用されているというのは自然なことと言える。

また、Androidユーザーが外出先で端末を使うことが多いのに対し、iOSユーザーはじっくりと腰を落ち着けてス マートフォンを使っているという様子も伺える。調査会社Comscoreによれば、Android端末からのネット接続のうち3分の2が携帯ネットワーク 経由であるのに対し、iPhoneの場合は半分以上がWi-Fiネットワーク経由だという。

出先での利用が多いことを考え合わせると、Androidユーザーのほうが携帯通信網経由のデータ通信量が多いというのも意外なことではない。また、Androidユーザーのほうが高画質動画を視聴することが少ないというのも理にかなっている。

機内Wi-Fiの利用に関しては、iOSはふたつの点でアドヴァンテージがある。そのひとつは、iOSがタブレット市場で優位にあること。モバイルマーケティング企業のTapSenseによれば、機内WiFiのトラフィックのうち半分はiPadからのものだという。もうひとつは、裕福なユーザーの割合がiOSのほうが高いことで、Comscoreによれば10万ドル以上の収入があるユーザーの割合は、iOSが41%に対しAndroidでは24%だという。

ただし、こうした差異がなくなりつつある可能性もある。今年3月にGalaxy S IIIユーザーとiPhoneユーザーを対象に行われたある調査では、どちらの端末でもほぼ同じ使われ方をしていることがわかったという結果が出ている

 私がiPhoneを購入した時は、auの人にセキュリティーはAndroidよりもiPhoneのほうがいいと言われました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR