スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右翼と左翼 1

右翼と左翼 1 2013/03/25 23:12

右翼と左翼

http://matsuo-tadasu.ptu.jp/yougo_uyosayo.html

【世界の切り分け方が違う】
 右翼と左翼の違いの最大のポイントは、世界を切り分ける見方の違いである。稲葉振一郎さんの新著で紹介されている田島正樹氏も似たようなことを言っているようだが、もっと大胆にすっきり図式化するとこうなるだろう。
 世界を縦に切って「ウチ」と「ソト」に分けて、その間に本質的な対抗関係を見て、「ウチ」に味方するのが右翼である。
 それに対して、世界を横に切って「上」と「下」に分けて、その間に本質的な対抗関係を見て、「下」に味方するのが左翼である。(図1)
2109685.jpg
【敵が自分と同じ分け方だと思う】
 ところがややこしくなるのは、まずもって、右翼も左翼も自分の切り分け方を当然の土俵のように思い込んで、相手との対抗軸を組み立てていることにある。お互い敵である相手が、自分と同じ切り分け方を共有して、自分と逆側に立つ者と考えるのである。(図2)
 すなわち、左翼の考える敵=右翼は、世界を横に切って「上」と「下」に分けて、「上」に味方する者とみなされている。
 それに対して、右翼の考える敵=左翼は、世界を縦に切って「ウチ」と「ソト」に分けて、「ソト」に味方する者とみなされている。

 他人を攻撃するときの「右」「左」というレッテルが、多くの場合、
2109711.jpg
外から見て非常に違和感のあるレッテルになるのは、これが原因である場合が多いと思う。

【「上」に味方するのは「逆左翼」】
 しかし事態をもっとややこしくしているのは、このみなし方がただの誤解やレッテル貼りではなく、本当にそういう立場に立つ者が少なからずいることである。
 世界を横に切って「上」と「下」に分けて、「上」に味方する立場の者は、たしかにいる。端的にはホリエモン達のイメージである。
 しかし本来はこれを「右翼」と呼ぶのは間違いである。本当の右翼ならば、「ウチ」の内部では、共同体としての団結と助け合いを求める。したがって、その団結を乱す競争は制約しようとするし、共同体が「上」と「下」に分裂していくことを肯定したりはしない。
 だから彼ら「上」に味方する立場の者は「右」なのではなく、切り分け方を左翼と共有する、いわば「逆左翼」と呼ぶべきである。
【「ソト」に味方するのは「逆右翼」】
 また、世界を縦に切って「ウチ」と「ソト」に分けて、「ソト」に味方する立場の者も、たしかにいる。端的には、平壌政権擁護派をイメージすればよい。
 これも本来は「左翼」と呼ぶのは間違いである。切り分け方を右翼と共有する「逆右翼」である。本当の左翼ならば、どの国であれ、虐げられた民衆に連帯して、それを支配する「上」の者とたたかう立場に立つはずだからである。
【「逆左翼」を自覚しない右派が問題】
 しかし「逆左翼」も、それを自覚して徹底すれば、まだましである。同じ1ドルを持ってくるお客様は何人(じん)でも同じお客様として扱う。こきつかえる なら何人(じん)でも同じように雇う。どの国の人からでも出資を歓迎し、どんな肌の人が取締役に入ってきてもいっしょにやれる。世界中の誰とでも分け隔て なく取引する。これができるならば、それは一つの徳、「商人道」である。
 真の右翼の方も、徹底すれば、それはそれでまた別の一つの徳である(私はとらないが)。身内である同胞のために互いに深い責任を感じて最後まで尽くしあう。時には同胞のために命も捧げる。これは「武士道」につながる。
 困るのは、本当は「逆左翼」なのに、それを自覚せず、自分は世界を縦に分けて「ウチ」に立つ右派だと思っている者が少なくないことである。こんな立場が 蔓延すると何がもたらされるか。「ウチ」の内部に格差と競争を持ち込み、共同体精神をブチ壊しておきながら、他方で、顧客や取引先や出資者や従業者を、国 や民族で分け隔てして扱うことになる。「ウチ」も蹴落とし、「ソト」も食い物にし、結果として残るのは「力だけが正義」という原理だけである。確実に世の 中は腐敗していくだろう。
 これが「小泉系」のもたらした風潮なのだと思う。

【「逆右翼」を自覚しない左派も問題】
 同じことは左派側にも言える。「逆右翼」も自覚して徹底すればそれはそれでたいしたものだ。典型的には、どこかの発展途上国の未開発地域の伝統村落に惚れ込んで、くらしぶりも習慣も同化して骨を埋める人。
 他方で本当の左翼には左翼の道義がある。この立場からは、世界のどこであれ、「上」の者の強くて不正な力にひるまず、弱者に分け隔てなく手を差し伸べる態度が目指される。
 たとえば、中国の労働者の賃金が上がり、労働条件がよくなった方が、日本の労働者も競争が緩んで楽になる。中国の消費者運動が発展した方が、日本の消費 者にとっても安全になってトクになる。しかし本当にそれをやろうとすると、中国共産党の支配とぶつかる。だから民衆どうしが分け隔てなく助け合って「上」 の不正とたたかったならば、めぐりめぐって自分のためにもなる。
 これは「逆左翼」に徹したときの商人道と同じ構図である。世界を横に切る図式に立つ限り、「上」に立とうが「下」に立とうが、人を国や民族や身分で差別せずに、すべての人間を個人として尊重する道徳観が身に付くのである。
 困るのは、本当は「逆右翼」なのに、それを自覚せず、自分は世界を横に分けて「下」に立つ左派だと思っている者が少なからずいることである。9.11テ ロの犠牲者には子供もお年寄りも貧しい人々もたくさんいるのに何の同情心も持たず、アメリカはみな敵とばかり喝采する心情の者。発展途上国の政府や因習に よる人権抑圧の犠牲者に対して、「先進国の欧米流価値観で介入してはならぬ」と言って、見て見ぬ振りをしておきながら、自分はちょっとでも権利を侵される と、欧米流民主主義体制のおかげで最低限守られた立場を使って、政府にも因習にも逆らう。結局こんな立場は、途上国から比べれば豊かで人権が守られ、アメ リカから比べれば保障を受けている自己の既得権を守ることだけに汲々とする、身勝手な態度につながるだろう。
【反米がもたらしたネジレ】
 どうしてこのようなへんてこな捻じれた立場が生じたのだろうか。
 大きな原因の一つと思われるのが反米図式である。戦後すぐの日米関係は、図3のようなものだっただろう。圧倒的に豊かで強いアメリカと、貧しくて弱い日本である。ここにおいて、日本の側に立ってアメリカとたたかう立場は、世界を横に切って「下」に味方する左翼の図式にすんなりとはまっていた。
2109720.jpg
 しかし、やがて日本はアメリカに匹敵する経済大国になり、他方でアメリカも中間層が分解して膨大な貧困者の実態が伝わるようになってくる。すなわち、図 4のようになったのである。ここで反米の立場に立つ人々は、あいかわらず自分達は左翼であり基本的に転向していないつもりでいたのだが、実際にはいつの間 にか日米関係を縦に割って考え、「ウチ」に味方する立場に立っていたのである。この場合は、「逆右翼」どころか本質的には真正の右翼である。
2109721.jpg
(2へ続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。