スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミランコビッチ・サイクル

ミランコビッチ・サイクル(Mila… 2013/03/25 19:46

ミランコビッチ・サイクル(Milankovitch cycle)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB
ミランコビッチ・サイクル(Milankovitch cycle)とは、地球の公転軌道の離心率の周期的変化、自転軸の傾きの周期的変化、自転軸の歳差運動という3つの要因により、日射量が変動する周期である。理論計算によると、周期は約2万年、約4万年、約10万年という3つに大別できる。
1920~30年代に、セルビアの地球物理学者 ミルティン・ミランコビッチ(Milutin Milanković)は、地球に入射する日射量の緯度分布と季節変化について当時得られる最高精度の公転軌道変化の理論を用いてかなり正確な日射量長周期変化を計算した。その精度が地質学界で認められてきたことからこの名がある。

概要
This figure shows the variations in Earth's orbit, the resulting changes in solar energy flux at high latitude, and the observed glacial cycles.
According to Milankovitch Theory, the precession of the equinoxes, variations in the tilt of the Earth's axis (obliquity) and changes in the eccentricity of the Earth's orbit are responsible for causing the observed 100 kyr cycle in ice ages by varying the amount of sunlight received by the Earth at different times and locations, particularly high northern latitude summer. These changes in the Earth's orbit are the predictable consequence of interactions between the Earth, its moon, and the other planets.
The orbital data shown are from Quinn et al. (1991). Principal frequencies for each of the three kinds of variations are labeled. The solar forcing curve (aka "insolation") is derived from July 1st sunlight at 65 °N latitude according to Jonathan Levine's insolation calculator [1]. The glacial data are from Lisiecki and Raymo (2005) and gray bars indicate interglacial periods, defined here as deviations in the 5 kyr average of at least 0.8 standard deviations above the mean.


ミランコビッチ・サイクルを決定付ける変化要素とその結果 現在から100万年前までの情報。上から3つの要素は日射量を決定づける要因だ。歳差運動 (Precession)の周期は3つあり、それぞれ1万9000年、2万2000年、2万4000年である。自転軸の傾斜角 (Obliquity) の変化は周期4万1000年。公転軌道の離心率 (Eccentricity) 変化は周期9万5000年、12万5000年、40万年。この結果、北緯65度における日射量は複雑な変化を示すことが計算できる。氷床規模の変化は日射量の変化と相関が良いように見える
2109496.png

地球の自転軸の傾きの変化 現在の値は23.4度であるが、22.1度から24.5度の間を変化する。周期は4万1000年
2109488.png

地球の自転軸の歳差運動 地球の自転軸はコマの首振り運動と同じ挙動を示す。周期は約2万5800年
2109521.jpg

地球の公転軌道 実際の離心率とは異なり、楕円であることを極端に強調している
2109506.png

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/3031729
短足おじさんさんが言及されて、気になったので調べてみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。