安心して飲める東京の水

安心して飲める東京の水 2013/03/24 20:47

安心して飲める東京の水、「東京水」がミネラルウォーターに?―中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000001-rcdc-cn

日本のカフェやレストランで無料提供される冷たい水は、水道水に氷を加えたものか、水道水を冷やしたものだ。客はこれを自由に飲むことができ、お腹を壊す心配はない。冷たい水が飲みたくなければ、熱いお茶を頼めるが、多くの客は冷たい水を求める。

東京の水道水は安全で、利根川・多摩川の水が家庭用の水道水に変わる。法律によると、カドミウム、水銀、セレン、ホウ素、ホルムアルデヒド、マンガン、ア ルミ、鉄、銅、ヒ素、カルシウム、マグネシウム、フェノールなどの数十種類の物質・化合物の上限値が設定されている。現在の検査項目は50に達し、東京各 地の131カ所の蛇口を使い毎日調査を行い、調査結果を当日中に都民に公開する。仮に一つでも基準を超過した場合は大変なことになり、直ちに供水が停止さ れ、関係者も法的責任を問われる。この50の項目が基準を満たせば、水道水を直接飲むことが可能で、問題が発生することはない。

東京の水道水は以前も安全だったが、カビ臭・カルキ臭がして美味しいとは言えなかった。今やこの状況に変化が生じた。東京は近年、水道水に対して高度な浄 水処理を行い、オゾンの酸化作用を用いカビ臭の原因となる物質を分解し、活性炭の吸着作用および活性炭内で繁殖した微生物の分解作用により、カルキ臭を 100%除去できるようになった。高度な浄水処理を行った水道水の比率は2008年に62%に、2010年に71%に達し、2013年は100%を目標と している。

東京水道局は水道水に関するキャンペーンを毎年実施している。参加者は一般的な水道水と高度な浄水処理を行った水道水を比較すると、前者に明らかなカルキ臭を感じるが、後者は無味無臭で口当たりが良いことに気づく。

東京水道局は「安全でおいしい水プロジェクト」の一環として、100%の水道水をペットボトルに詰め「東京水」のラベルを張り、都民に提供している。 500ml入りの「東京水」の価格は100円で、一般的な飲み物の価格を約20円下回る。「東京水」は現在、東京体育館、東京ビッグサイト、上野公園、都 庁展望台などで販売されている。「東京水」は豊島運送株式会社から電話で購入でき、価格は1箱2500円とミネラルウォーターと大きな差はない。2011 年度に生産された「東京水」は50万8000本に達し、2004年の5倍となった。東京水道局の関係者は「東京水」が一つのブランドになることを信じてい るかのようだ。

東京の水道水にも不安が生じることがある。東日本大震災を受け、多くの人は基準を上回る放射性物質が含まれることを恐れ、水道水を直接飲まなくなった。ミ ネラルウォーターが一時的に大人気となり、多くの店舗で売り切れが生じた。しかし関連部門の検査結果によると、水道水に含まれる放射性物質は基準を超過し なかった。一定時間後、人々は水道水を飲む習慣を取り戻した。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/TF)
2108660.jpg
22日、東京の水道水は美味しく、ひんやりとした甘みがあり、喉の渇きを爽やかに潤してくれる。資料写真。

2108663.jpg
中国は「水資源量は世界最貧、汚水排出は世界最多」=水質汚染が各地で深刻―中国紙

こんな現実を目の当たりにしてたら、そりゃあ人の物が欲しくなる訳だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR