NASAが太陽へ向けて探査機を送る

NASAが太陽へ向けて探査機を送る―何故ここに

太陽の高温で今まで不可能だった恒星の大気の中へ入る事が今出来ました。
http://news.nationalgeographic.com/content/dam/news/2017/05/31/SolarProbe_cropped.adapt.768.1.jpg

レイチェル・ハーティガン・シェア
2017.5.31

NASAは、有人宇宙飛行から月着陸に至るまで、多くの任務に着手し成功し、星間空間に到達するための最初の宇宙船を打ち上げました。 しかし、それはまだ太陽に到達していません。何が邪魔をしているのか? 私たちの一番近い恒星の高温です。

太陽の表面は10,000°Fですが、その外気(コロナ)は華氏約350万度まで上昇します。
https://www.youtube.com/watch?v=48_qGtI08i8

地球を周回する望遠鏡は太陽の遠方から放出される光をどのように検出することができますか? NASAの科学者たちは、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡が、太陽の遠方の太陽フレアに由来する最高エネルギーの電磁波であるガンマ線を記録した後、答えを見つけようとしました。
「この温度の逆転は、誰も説明できなかった大きな謎です」と最終的に太陽に近づくことを目指すNASAの任務であるパーカー太陽探査のプロジェクト科学者、ニコラ・フォックスは語ります。

NASAは、1958年に太陽風を発見した天体物理学者、ユージン・パーカー(Eugene Parker)の名前に改名した、以前は太陽探査の先人として知られていたる人の名前を宇宙船に命名したのです。
このミッションは、炭素複合材料で作られた遮蔽物によって可能になります。このシールドは、探査機の器具を70度の範囲で安全に保ちます。早ければ2018年7月31日に打ち上げられ、探査機は太陽を24周回するでしょう。それは、7個の兄弟惑星の重力支援によって、星から400万マイル以内になるでしょう。
http://www.nationalgeographic.com/interactive-assets/nggraphics/ngm-spp/build-2017-05-31_11-27-52/ngm-assets/img/ai2html-graphic-tablet-desktop.png
それは、太陽における他の大きな謎、太陽風を作り出すもの、太陽から加速して帯電した粒子、そして地球の電離層に大混乱を引き起こす原因の解明に近づくものです。
(「サンウォッチャーズが1967年に第三次世界大戦を止めた経緯」を読んでください)
http://news.nationalgeographic.com/2016/08/solar-storm-1967-space-weather-cold-war-science/
「毎日太陽が見えますが、それについてはあまりよく分かりません」とフォックスは語ります。 "太陽は私たちが行く最後の主要な場所です。"

翻訳元)
http://news.nationalgeographic.com/2017/05/explore-space-solar-probe/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR