スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の人権侵害は国連に感染する

http://tibet.net/2017/05/chinas-rights-abuses-infect-un/
China’s Rights Abuses Infect UN
May 24, 2017
Posted in News From Other Sitesち1


ソフィー・リチャーソン、ヒューマンライツウォッチ、2017年5月24日

「北、南、東、西に広がる病気」今年のアントニオ・グテレス国連事務総長が、世界的に人権に関心を示していないことを説明しています。しかし、グテーレはまた、内からの人権に対する圧力に懸念を抱くべきである。特に、国連安全保障理事会常任理事国である中国が主要国連組織を圧迫していることを強調した。
4月26日、ドイツ政府の反発を受けてウイグル・ムスリムを代表してドイツからキャンペーンを行った有名な活動家ドルカン・イザが、ニューヨークの国連本部で先住民問題に関するフォーラムに参加していた。彼は会議に参加するために完全に認可されていたが、会議室4の議事録を去った後、すぐに施設を出るよう告げた廊下の国連安全保障に直面していた。ヒューマン・ライツ・ウォッチが説明を求めたとき、スポークスパーソンの事務所はそれを言いましたが、彼はその理由を知らされておらず、彼の認定は有効であったものの、その日の後半に再入室することも許されませんでした。具体的な事例に関する情報はありませんでした。
これは孤立した事件ではありませんでした。 1月には、国連が習近平国家主席をジュネーブ事務所に迎え入れたことを受けて、国連の約3,000人の職員が「物流」の必要性を訴え、非政府組織が複合体に入るのを阻止した。グティエレス事務総長は、多国籍主義と国連へのコミットメントを称賛したが、人権侵害に対する懸念は提起されなかった。
国連人権理事会(UN Human Rights Council)の中国のユニバーサル・ピリオド・レビュー(Universal Periodic Review)に参加しようと努力したことで、中国当局に拘束された活動家曹順利を拘留した2014年の死から3年が経過した。今日まで、中国は責任を負う可能性のある人を処罰するのではなく、彼女の死について十分な説明を与えていない。わずか数週間で極端な貧困に関する国連特別報告者フィリップ・アルストンは、2016年8月の中国訪問を公式に報告し、公務員は調査を制限しました。
国連のリーダーシップは、人権侵害の「病気」を撲滅し、この重要な国連作業の柱を守ることに真剣に取り組むべきである。つまり、中国の人権擁護団体に国連が同等に所属していることを公的に保証し、これらのメカニズムを弱体化させる中国の努力に対して強制的に後押しすることを意味する。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。