スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本における水浄化の研究

日本における水浄化の研究 2013/03/10 10:32


「飲用水の不平等が現した貧富格差」 中国人学者が水汚染の現状を分析
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/

 短足おじさんさんのブログのこの記事を見て日本における水浄化の研究を調べてみました。

水浄化研究 新ナノカーボン膜利用 信大に拠点
http://www.shinmai.co.jp/news/20130308/KT130307ATI090024000.php
2095485.jpg
 信州大(本部・松本市)は、繊維、化学メーカーと共同で極細の炭素繊維カーボンナノチューブ(CNT)を使って効率的に水を浄化する新たな水処理膜(ナ ノカーボン膜)の開発に乗り出す。政府の本年度補正予算から数十億円補助を受け、来年度末までに工学部(長野市)に研究拠点を整備。新技術を基に水の循環 システムの構築を目指す。県を交え、事業化による海外展開も視野に入れている。

 現在、急速に工業化が進む中国などでは工場排水による河川や海の汚染が深刻化。今後、世界的に水需要が高まると予想されており、水の浄化技術に注目が集まっている。信大などの技術開発と事業化が実現すれば、信州発の世界貢献にもなりそうだ。

 CNTは、遠藤守信・信大特別特任教授が同大工学部教授時代に開発。新しい膜の開発には、信大のほかに、膜による水処理技術を持つ繊維メーカーの東レ(東京)、CNTを大量生産できる化学メーカーの昭和電工(同)が関わる。

 文部科学省は補正予算で、大学、企業が共同で革新的技術を育てる国際科学イノベーション拠点整備事業として総額500億円を確保。1月から事業提案を公 募し、信大、東レ、昭和電工、県の4者が共同提案した「世界の水を守るエコ・ナノカーボン研究拠点」(仮称)など59件の応募があった。文科省は7日、信 大の事業を含む15件を採択して発表した。

 信大などは拠点整備に約60億円を要求。同省は月内に補助額を確定する。関係者によると、拠点が整備された後に必要となる研究費は、国の来年度予算で別 途獲得を目指す。県は、今回の計画が事業化に進む過程で県内企業が関わって仕事を受注できるよう取り持つなど、側面支援する。

平成17年度 湖沼等水質浄化技術分野 実証試験結果報告書 - 環境省
www.env.go.jp/policy/etv/pdf/list/h17/02_g4.pdf

湖沼等水質浄化技術について [PDF 247KB] - 環境省
www.env.go.jp/water/tech_model/purificationl16.../mat06.pdf

(錠剤)による水浄化技術を開発 - 農業環境技術研究所
www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/.../press091119.html

シーエムシー出版/商品詳細 水浄化技術の最新動向
www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product..

水環境浄化技術|研究分野|研究開発|高砂熱学工業株式会社
www.tte-net.co.jp

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。