スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症の発症の鍵を握る体内物質を発見…発症の分子機構解明や治療法の開発に期待

【医療】統合失調症の発症の鍵を握る体内物質を発見…発症の分子機構解明や治療法の開発に期待
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1383498212/-100
1 :ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/11/04(月) 02:03:32.25 ID:???
幻覚や妄想などの症状が表れる精神疾患・統合失調症の発症の鍵を握るとみられる体内物質を、
滋賀県立成人病センターの谷垣健二専門研究員(分子学)や米国ジョンズ・ホプキンズ大の
澤明教授らの研究グループが発見した。原因が完全に解明されていない
統合失調症の治療法開発につながると期待される。成果は米科学アカデミー紀要に掲載された。

統合失調症は100人に1人弱がかかる病気だが根本的治療法はなく、
主に抗精神病薬などで症状の改善が図られている。

谷垣研究員らは、患者の3割近くが統合失調症を発症するとされる
染色体異常「22q11.2欠失症候群」に着目。
同症候群と同じ症状で行動異常を示すマウスを作って中枢神経系を調べたところ、
脳の海馬や大脳皮質の細胞分布に異常があることを発見した。

更に異常の原因が、神経細胞の移動を促すたんぱく質「ケモカイン」の一種と
受容体の働きの低下にあることを突きとめた。
この結果、幻覚や妄想などの症状が生じる可能性があるという。
澤教授が統合失調症患者18人の鼻粘膜から採取した細胞を調べると、
一般の人と比べて、このケモカインが減少していることも分かった。

谷垣研究員は「今回の成果は発症の分子機構解明や、患者に応じた治療法の開発につながる」と話している。

精神疾患に詳しい京都大医学研究科の村井俊哉教授(精神医学)は
「統合失調症の発症の鍵を握る物質とメカニズム両方を確認した点で、
今後の研究発展に大きな意味がある」と指摘している。

ソース:毎日新聞(2013年11月03日 13時33分)
http://mainichi.jp/select/news/20131103k0000e040140000c.html
関連リンク:米科学アカデミー紀要に掲載された論文要旨
「Deficits in microRNA-mediated Cxcr4/Cxcl12 signaling in neurodevelopmental deficits
in a 22q11 deletion syndrome mouse model」(英文)
http://www.pnas.org/content/110/43/17552.abstract

関連スレ:【医学】統合失調症 認知機能に関わる神経活動を調整する遺伝子の働きが低下/金沢大など
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1383141938/
関連スレ:【神経】統合失調症、脳の海馬異常が引き金/理研
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1381991747/
28 :うつ、頭の中の不快感、不眠、頭の中の不快感:2013/11/04(月) 07:54:25.13 ID:NScOq/s8
■超低周波電磁界とホルモン情報伝達機構
石堂正美 京都大学 基礎物理学研究所研究会報告書『電磁波と生体への影響』研究会報告
http://jairo.nii.ac.jp/0019/00067821/en
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/97789/1/KJ00004705753.pdf
(中略)
以上の一連の結果から、電磁界は上記の分子群、すなわちメラトニン1a受容体、Gタンパク質とアデニレートサイクレースの連結部に作用
することが示唆されたことになる。
つまり、上記で述べた、電磁界によるメラトニンの抗発がん作用阻害は、電磁界によるメラトニン1a受容体からアデニレートサイクレース
間の機能的連結の消失(uncoupling)によるものと考えられる。
32 :ドパミン不調、遺伝子、脳萎縮、海馬異常、彷徨える物質脳科学:2013/11/04(月) 11:05:49.11 ID:JvPcqab3
.
.
この疾病の陽性症状をある程度緩和するクロルプロマジンが、偶然に発見された1952年以降も、
依然として発症原因は不明なままである。
クロルプロマジンに限らず旧来の主要な抗精神薬は、主にドパミン回路の疎通妨害という薬理作用を有したから、
統合失調症の発症原因は直ぐに特定されそうなものだが、精神の疾患はそれほど簡単なものではなかったようだ。

それは抗精神薬が陽性症状に有効とは言っても、陽性症状を選択的に抑制するのではなく、脳思考活動全体への
抑制低下と言う方が正しく、そのため薬物服用の患者さんはその副作用から簡易な職業従事すら困難な例が多い。
33 :小児自閉症の発症原因は何か:2013/11/04(月) 11:09:34.53 ID:JvPcqab3
.
.
症状は対人接触障害が中核障害のようであり、その発症原因は、多くの遺伝的因子が関与する
先天性の脳機能障害とされているが、投稿者も先天的な脳機能障害が原因とするのは間違いだと考える。
→ ( URLの先頭部分)www5b.biglobe.ne.jp/~ssiraisi/1.html

その根拠としては、先天的な脳機能障害が原因なら、かなり古い時代からこの小児疾患は知られている筈であり、
文明の進展に伴って起きる環境汚染による、毒物摂取による脳発達障害とも考えられるが、現在の脳神経科学からも、
明確な神経網構造の変化や萎縮や脱落は、" 全くと言って良いほど " 確認されていない。
.
.

34 :人間の自由意志を幻想とする唯物科学は統合失調症を完治し得ない:2013/11/04(月) 11:14:09.25 ID:JvPcqab3
.
.
製薬会社は精神科医とグル(1/6)
http://www.youtube.com/watch?v=K2mCD_VsaVQ
→ ( URLのwww.を含む先頭部分 )

現在でも精神疾患の診断方法は科学的根拠に基づかない。
その上製薬会社は精神科医と組んで、患者に無理やり薬を処方する。

向精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪01 ~ 41
→ ( URLのwww.を含む先頭部分 )http://www.youtube.com/watch?v=vOM_EiIo6GY


* 誰も薬物治療を完全否定するつもりはないが、薬物治療に名を借りた利益追求は明らかに存在する


35 :統合失調症の対処法を、物質科学は大きく誤った可能性がある:2013/11/04(月) 11:18:41.99 ID:JvPcqab3
.
.
統合失調症の発症原因は未だに不明だが、その治療と対処法について物質科学は大きく誤った可能性がある。
現在の統合失調症治療は抗精神薬が主流だが、しかしその薬理作用は症状の選択抑制ではなく、
脳思考活動全体の抑制だから、相当長期の薬物依存に終始してなおかつその原因を解消はしない。

統合失調症の陽性症状を例にするなら、患者さんは意識清明下でも非常にリアルな幻聴を聞くという、不思議な
体験をすることが多く、そのため患者さんは個人で孤軍奮闘してその原因究明をすることになり、それにより
脳思考活動が過剰となり、結果として被害妄想への帰着という悪循環であった。
.
.

36 :薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える致命的欠陥が存在:2013/11/04(月) 11:22:31.77 ID:JvPcqab3
.
.
陽性症状として幻聴は必発ではないが体験頻度は高い。 さらに幻聴は無い場合でも体感異常とか
思考の自己帰属感の異常など、そこに不明の他者の介在が疑われるような、不思議でリアルな体験をするのが
陽性症状と言われるものだ。

そのため患者さんは個人で孤軍奮闘してその原因究明をすることになり、それにより脳思考活動が過剰となり、
結果として被害妄想を組み立てて犯罪に至ることもある。
この被害妄想を防ぐためには、多くの患者さんが集まり自らの体験を話して、この不思議な体験が自分だけでは
ないと知ることである。 そしてその陽性症状が起きた場合の対処術を身に付ける。
.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。