兵糧丸

忍者食をジューサーでつくってみた。
https://www.youtube.com/watch?v=c9voPmD-PYU&hd=1
究極の健康食品?である忍者の携帯食『兵糧丸』を秘伝のスロージューサーでつくってみ­た。石臼のように磨り潰すジューサーの能力や如何に!果たして作れるのか...そして­、その味は?


忍者が食べていた「兵糧丸」実は精神安定剤だった?
http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1601/18/news012.html
スポンサーサイト

【熊本地震】TBSにブチ切れたおじさんの姪っ子が降臨して知られざる事情を説明。「マスコミは本当に酷いのでおじさんが怒るのも無理はないんです」〜映していた避難所は取材禁止だった。

【熊本地震】TBSにブチ切れたおじさんの姪っ子が降臨して知られざる事情を説明。「マスコミは本当に酷いのでおじさんが怒るのも無理はないんです」〜映していた避難所は取材禁止だった。
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461376968/l50
身長2mはあろうかという大きな男性が割り込んできて「見世物じゃない!どっかいけ!車どかせ!」と怒鳴りこんできたのは多くの人に衝撃を与えた。
http://netgeek.biz/archives/71538
TBSが取材禁止の場所で生中継していたという事情を知らない人たちは男性が悪いと誤解してしまったのだ。
そこでTwitterに登場したのが姪っ子の女の子。何があったのか事情を説明し始めた。

http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-6.png?resize=500%2C269

http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-1.jpg?w=600
http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-2.jpg?w=600

その後の姪っ子の周囲との会話。
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs5.png?resize=500%2C289
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-5.png?resize=500%2C200
http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-4.png?resize=500%2C165
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-1.png?resize=500%2C253
http://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/04/kumamoto_tbs-3.png?resize=500%2C148
熊本弁は口調が荒いように聞こえてしまうのでよく誤解されることが多い。男性はみんなのために自分が犠牲になることをいとわず、テレビ局のルール違反を一喝してくれたヒーローだ。誤解せず、悪いのはTBSということを是非知ってほしい。

マスゴミがよく主張する知る権利より、住民の生存権、生活権の方が優先されるべきなのは当然の事だ。

長距離光ファイバ共振器を用いて 光による大規模人工スピンネットワークの生成に成功

長距離光ファイバ共振器を用いて
光による大規模人工スピンネットワークの生成に成功
~光を使って難問を解くコンピュータの実現に道~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160419/index.html

ポイント
10,000を超える人工スピン群を、長距離光ファイバ共振器を用いて生成した光パラメトリック発振器群で実現。
室温の光パラメトリック発振器群が低温下のスピン群の振る舞いを模擬し、高品質な人工スピンとして使用可能であることを確認。
組合せ最適化問題を高速に解くコンピュータの実現に向けた大きな一歩。


内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の山本 喜久 プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 鵜浦 博夫 以下、NTT) NTT物性科学基礎研究所(所長 寒川 哲臣) 量子光制御研究グループの武居 弘樹 主幹研究員、稲垣 卓弘 研究員らのグループは、大阪大学 大学院工学系研究科の井上 恭 教授らと共同で、組合せ最適化問題の解を高速に探索する「コヒーレントイジングマシン」実現の基盤技術である、光による大規模な人工スピン群の生成に成功しました。

通信網、交通網、ソーシャルネットワークなど、社会を構成する様々なシステムが大規模化、複雑化するにつれ、システムの解析や最適化が重要な課題となっています。これらの課題の多くは組合せ最適化問題と呼ばれる、従来のコンピュータが苦手とする数学的問題に帰着されることが知られています。本研究グループでは、光パラメトリック発振器と呼ばれる光の発振状態をスピン注1)として見立て、相互作用する多数のスピンが全体のエネルギーを最低とするようにその向きをとる現象を利用して組合せ最適化問題の解を探索する「コヒーレントイジングマシン」の研究を行っています。

今回、長さ1kmの長距離ファイバ光共振器中に配置した高非線形光ファイバ中の四光波混合注2)により、時間的に多重された10,000を超える光パラメトリック発振器を一括生成することに成功しました。さらに、隣接する発振器を結合することにより、1次元のスピンネットワークを模擬し、光パラメトリック発振器群が低温下のスピンのように振る舞うことを確認しました。

本研究成果は、長距離光ファイバ共振器を用いて時間多重された光パラメトリック発振器を生成する今回の手法が、数千を超えるスピン数を持つコヒーレントイジングマシンの構築のための基盤技術として有用であることを示すものであり、大規模な組合せ最適化問題を従来に比して飛躍的に高速に解くコンピュータの実現に寄与することが期待されます。本研究成果は、2016年4月18日16時(英国時間)に英国の科学誌「ネイチャー・フォトニクス」のオンライン速報版で公開されます。
<研究の背景と経緯>
インターネットや交通網、ソーシャルネットワークなど、社会を構成する様々なシステムが大規模化、複雑化する現在、それらのシステムをいかに効率よく運用するかは重要な課題となっています。これらの課題の多くは、組合せ最適化問題と呼ばれる数学的問題に帰着します。組合せ最適化問題とは、数多くの選択肢の組合せの中から最も良いものを見つけ出す問題で、選択肢が多くなると計算時間が爆発的に増大するため、現代のコンピュータでは解くことが大変困難であることが知られています。 一方、組合せ最適化問題の多くは相互作用するスピン群のモデルである「イジングモデル」のエネルギー最小状態(基底状態)を求める問題に帰着可能です。最近、人工的に作製したスピンを用いてイジングモデルを模擬し、そのエネルギー最小状態を求めることで複雑な組合せ最適化問題を高速に解く試みが多くの研究機関で盛んになってきました。
中でも、コヒーレントイジングマシン(coherent Ising machine)は、光を用いて実現した人工スピン群により高速にイジングモデルを解く可能性がある計算機として現在注目を集めています(図)。本方式では、光パラメトリック発振器(optical parametric oscillator: OPO)をスピンとして用います。OPOは、0またはπの位相しかとらない特殊なレーザ発振器で、位相0,πをそれぞれ上向き、下向きのスピンに対応させることができます。各OPOから出力される光を、光伝送路を介して互いに注入することで、スピン間の相互作用を実現します。光伝送路によりネットワーク化されたOPO群は、多くの場合ネットワーク全体の損失が最小となる位相の組合せで発振するため、イジングモデルの基底状態を与えるスピンの組合せを高い確率で得ることができます。
2014年にスタンフォード大学のグループが4つのOPOを人工スピンとして用いてコヒーレントイジングマシンの原理確認実験に成功しています。しかし、現実社会で課題となっている複雑な組合せ最適化問題に適用するためには、スピン数を飛躍的に増大する必要がありました。
<研究の内容>
今回、長さ1kmという長距離光ファイバ共振器を用いて、時間多重された10,000個を超えるOPOを一括発生することに成功しました(図3)。光ファイバ通信の研究開発で培った技術を用いることで、現実社会で課題となっている複雑な問題を解くことが可能な大規模コヒーレントイジングマシンを実現するための多数の人工スピンの生成が可能となりました。
また、隣接するOPO間に光結合を導入することで、最もシンプルなネットワークである1次元のイジングモデルを模擬する実験を行いました。この実験により、室温で動作するOPO群が、低温下のスピンの振る舞いをよく模擬する、高品質な人工スピンとして動作することを確認しました。

【大規模時分割多重OPOの発生】
① 長さ1kmの高非線形光ファイバ中の四光波混合より、位相0とπの光だけを増幅する位相感応増幅器を実現
② 位相感応増幅器を光ファイバループに挿入することで、長さ1kmの長距離光ファイバ共振器を構築し、位相感応増幅器を2GHzの繰り返しで動作することにより、10,320個のOPOを発生(図3
③ 発生したOPOの位相が0またはπに二値化しており、安定な人工スピンとして使用可能であることを実験で確認(図4
【1次元スピンネットワークの模擬】
① 1ビット遅延干渉計を共振器中に挿入することで、各OPOの光の一部を隣接するOPOに注入し、1次元の結合を実現(図5
② OPO結合の位相を調整することで、ネットワーク化された人工スピンが強磁性的・反強磁性的に振る舞うことを観測(図6)。また、位相感応増幅器の駆動条件を変えることで、ネットワークのエネルギーが低下することを観測(図7)。この結果、室温で動作するOPO群が、高品質な人工スピンとして使用可能であることを確認。
<技術のポイント>
(1) 大規模時分割多重OPOの発生
実験系を図3に示します。パルス幅100ps、繰り返し周波数2GHz(パルス間隔500ps)、波長1531nmおよび1551nmの2波長のポンプパルス列を、波長多重フィルタを介して光共振器に入力します。光ファイバ共振器には、長さ1kmの高非線形光ファイバ、波長フィルタ、偏波コントローラ、および99:1光カプラが含まれています。高非線形光ファイバ中の2波長四光波混合により、2つのポンプ波長の中間点にあたる1541nmにおいてポンプ光の位相に対して0またはπの位相成分だけが増幅される位相感応増幅と呼ばれる現象が得られます。ポンプ光入力直後に位相感応増幅により発生した雑音が種光となり、波長フィルタを透過する1541nmの光のみが光ファイバ共振器中を周回するようにすることで、位相が0またはπのみの光が発振するOPOを実現できます。光の共振器1周時間が約5μs、ポンプパルスの時間間隔が500psなので、1つの共振器だけを用いて10,000を超えるOPOを発生することができます。発生したOPOの一部は99:1カプラにより共振器外に取り出し、1ビット遅延干渉計を用いて隣接パルス間の位相差を測定します。位相差測定の結果を図4(a)に示します。このように、位相差のコサイン成分が1または-1に二極化、すなわち各OPOの位相が0またはπのみをとっています。発生した全OPOに相当する10,320パルスの位相差測定結果のヒストグラムを図4(b)に示します。このように、全てのOPOの位相は0またはπに離散化しており、1万個以上の安定な人工スピンが発生したことが確認できました。

(2)1次元スピンネットワークの模擬実験
生成したOPO群を用いて最もシンプルなネットワークである1次元イジングモデルを模擬する実験を行いました。図3に示す実験系において、位相差測定に用いたものと同様の1ビット遅延干渉計を共振器中に挿入することで、各OPOの光の一部を隣接するOPOに注入し、1次元の結合を実現できます(図5)。干渉計の2光路の位相差を0またはπとすることで、強磁性結合(スピンの向きが同じとなる)および反強磁性結合(逆となる)を実現可能です。位相差測定の結果を図6(a)(干渉計位相差0)、(b)(π)に示します。このように、干渉計の位相差に応じて、スピン群が強磁性的/反強磁性的な振る舞いをすることが確認できました。また、図6(a)中に示すように、強磁性結合においても全てのスピンは揃わずドメイン構造を持つことが観測されました。これは、理論的に示されている「有限温度下では基底状態にならない」という1次元イジングモデルの特性をよく再現しています。さらに、強磁性結合においてポンプ光振幅を変えた場合にドメイン長の分布がどのように変化するかを調べた結果を図7に示します。ポンプ光振幅が発振閾値に近いほど、長いドメインが形成され、基底状態(ドメインが無くなり、全てのスピンが揃う状態)に近づくことがわかります。

>「量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現」の要だそうです。

公民権法

4/13(水)〜井上和彦・ケントギルバート・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】
https://www.youtube.com/watch?v=A1WVLEMojRM



https://ja.wikipedia.org/wiki/市民権法

>動画の終わりの方でケントギルバートさんが語っていたように、定義が曖昧な「ヘイトスピーチ」によるヘイトスピーチ法ではなく、公民権法を検討していった方が言論の自由というものを担保できるのではないかと思います。

パルクールフリーランニングによる追跡と武術による闘い

Parkour Freerunning Chase and martial arts Fight - India: Chaos Faktory
https://www.youtube.com/watch?v=TJNn_FBjKWs

【熊本地震】共産・池内沙織氏、地震直後に「川内原発止めよ。正気の沙汰か!」とツイッター投稿、後に削除?

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1460694464/-100
産経新聞 4月15日(金)13時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000563-san-pol
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ7xhPSBHWzG3oag_so3tX7wsYgV1DgJ4hXM7rVMUJWAWaxuz1I
 共産党の池内沙織衆院議員が14日に熊本県で発生した最大震度7の地震に関連し、自身のツイッターで「川内原発今すぐ止めよ。正気の沙汰か! 二度と動かさず廃炉にせよ」などと投稿した。現在は閲覧できない状態で、削除したとみられる。
池内氏は別の投稿で「熊本のみなさん、九州のみなさん、安らかな場所にいてください。どうか皆さんご無事でいてください」とも書き込んだ。
36 : あなたの1票は無駄になりました@無断転載は禁止2016/04/15(金) 14:18:20.46 ID:LOrKKaXa0
原発は地震くらいでは影響ないな。
津波と電源喪失が最大の問題。
37 : あなたの1票は無駄になりました@無断転載は禁止2016/04/15(金) 14:19:23.98 ID:GB3M1hhV0
>安らかな場所

頭おかしいだろ、日本語まともに使えないのか?

韓国軍慰安婦

韓国軍慰安婦
https://ja.wikipedia.org/wiki/韓国軍慰安婦

Registration_of_comfort_women.jpg
国連軍を相手とする慰安婦の登録が1961年9月13日に実施された。東亜日報1961年9月14日

韓国軍慰安婦(かんこくぐんいあんふ)、または大韓民国軍慰安婦 (だいかんみんこくぐんいあんふ、朝鮮語: 한국군위안부、대한민국군위안부、英語: Korean Military Comfort Women)とは、大日本帝国が大東亜戦争で無条件降伏した後における韓国軍と在韓米軍や国連軍を相手にした慰安婦。

概要
朝鮮戦争やベトナム戦争では韓国はアメリカ合衆国を基盤とした連合軍に参加したため、韓国で設置された慰安所および慰安婦(特殊慰安隊)は韓国軍だけでなく米軍をはじめとする国連軍も利用した。現在も坡州市のヨンジュコル(용주골、en:Yong Ju Gol)などに存在している。
政策沿革
1947年11月14日 公娼制度廃止
1950 - 1954年 韓国軍慰安婦設置
1961年11月9日 淪落行為等防止法(ko:윤락행위 등 방지법)制定
1962年6月 米軍基地近隣104か所を特定(淪落)地域に指定し売春取締除外
1971年12月22日 政府主導で基地村浄化委員会発足
1970 - 1980年代 強制性病検診、基地村女性人権侵害がひどい
1990 - 1991年 梨花女子大元教授の尹貞玉が日本軍慰安婦問題を新聞で初めて告発。
1992年 尹今伊殺害事件(米軍兵士が基地村女性殺害) 
1996年 性病管理所閉鎖(韓国政府による管理売春終わる)
1990年代後半 フィリピン等外国人女性に代替(民営化)

名称
韓国陸軍本部が1956年に編纂した公文書『後方戦史(人事編)』には「固定式慰安所-特殊慰安隊」とあり、朝鮮戦争中は「特殊慰安隊」または「第5種補給品」とも呼ばれた。
朝鮮戦争後は「美軍慰安婦(美軍はアメリカ軍のこと)」「国連軍相対慰安婦(UN軍相對慰安婦)」と呼ばれた。
ほかに「挺身隊(정신대)」や国軍挺身隊とも呼ばれた。
韓国では、「慰安婦(위안부)」という言葉は、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の事を指しており、日本軍慰安婦はほとんど問題になっていなかった。しかし1990年代に日本との問題が大きくなってからは、「慰安婦」という言葉は、日本軍慰安婦に対して使われるようになり、米軍・国連軍慰安婦に対しては使われなくなった。

強制連行
220px-조선인민군_위안부
韓国・アメリカ軍に捕えられた北朝鮮軍看護婦。捕えられた北朝鮮女性はレイプされたり強制的に慰安婦にさせられることもあった。
韓国軍慰安婦のケースでは韓国政府やアメリカ政府による強制があったとされている。 韓国における慰安婦はアメリカ兵に残忍に殺害されることや、アメリカ兵によるとされる放火で命を落とすこともあった。
国連軍による性暴力と強制連行
崔吉城は論文「朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」において、朝鮮戦争時には敵国ではない韓国において国連軍がソウル市北部の村で日中、シェパードを連れて女性を捜索し、発見後に強姦に及んだり、またジープにのって民家を訪れ女性を強制連行して性暴力をはたらいたことや、韓国人兵士が韓国人女性に性暴力や性拷問をはたらいたことを紹介している[36]。性暴力を受けたのは女性だけでなく、10歳位の男子がフェラチオを強要され喉が破裂したこともあった。
北朝鮮人女性の強制連行
朝鮮戦争中に韓国軍に逮捕された北朝鮮人女性は強制的に慰安婦にされることもあった。韓国軍の北派工作員は北朝鮮で拉致と強姦により慰安婦をおいていた。捕虜となった朝鮮人民軍女軍、女性パルチザンゲリラ、そのほかに朝鮮人民軍や中国の人民志願軍の占領地内の住民である朝鮮人女性のうちまだ疎開しなかった女性などが、共産主義者を助けたとの名目で強制的に性奴隷にされた。
150px-Two_young_comfort_women_suicided_in_Busan,_South_Korea
アメリカ軍(美軍)慰安婦2名が韓国釜山で悲観のあまり自殺したことを報じる1957年7月21日付東亜日報

>仮にも「国連軍」と名の付いた軍が強制連行の性奴隷を利用していたという事実を現在の国連の女性の人権に関する会合で言及されないのは何故でしょうね?

【4096Hz Angel gate 2 地上と天使界をつなぐ音色】クリスタルチューナーサウンド 祝福の音 癒し ヒーリング効果・浄化用BGM 天使の周波数

https://www.youtube.com/watch?v=jBVlmCUGv3M

4096ヘルツは《第9オクターブ=4096Hz “天使界の扉を開く音”》と呼ばれ、空間や植物、小物類をも浄化させる作用があるとい¬われています。

また心身を癒す効果もあり、瞑想を一定時間行ったような感覚になるともいわれています¬。

4096Hzは天使界の入り口とされる域だとも言われていて、この周波数を奏でること¬で地上と天使界をつなぐとも言われています

4096Hzとは、地球の振動周波数(8Hz)の9段階目の倍音です。
そして、この倍音こそが身体のバランスをポジティブに整え、免疫力を高め、心と身体に¬一体化を促す事で高いレベルへと意識を高めてくれるようです

この音色は、「天と地を結ぶ天使の扉」とたとえられるように、水晶のように高く澄んだ¬美しい音が、脳や身体全体に染み渡り、滞ったマイナスのエネルギーが解放されます


主な効能・用途等
ヒーリング
心身のネガティブなエネルギーの解放と調節
あらゆる種類のパワーストーンの浄化
瞑想や睡眠時の導入ツールとして
免疫力を高めたいとき
アクセサリーの浄化
気のこもりがちな庭の浄化
部屋の中の滞っている、以前からあった「気」の浄化
オーラの調整
外部から受ける悪意やネガティブな意識の浄化
悪夢のエネルギーをベッドから取り除く
新しく購入した物品の浄化
あらゆる物品の浄化
空間、建物、土地にこもっているネガティブなエネルギーの浄化に
天然石や植物へのパワーチャージに
勉強や創作など、集中力が必要なときに

>気持ちが良い音で瞑想などにも使えそうです。
イプシロン 瞑想。意識の超深度状態
https://www.youtube.com/watch?v=GaPE4DCfB0Y

シューマン共鳴。惑星地球の周波数を設定する
https://www.youtube.com/watch?v=mVgZEzsammI



人間に「自由意思」はあるのか

http://www.epochtimes.jp/2016/03/25428.html
「運命」という言葉があります。仕事、結婚、住む場所…。それは自分の意思で決めているのでしょうか、それともすでに決まっているのでしょうか?日々の自分の行動は、本当に自分の意思で決めているのでしょうか?人間の「自由意志」という哲学的な問題について、3人の科学者たちの見解をご紹介します。

1. 神経科学者-自分の意思より先に、脳がすでに決定している

 オックスフォードの数学者マーカス・デュ・ソートイ教授は、人間に「自由意思」はないと考える。自分が何をしようかと意識するより前に、すでに脳が本人の意思情報をキャッチし、人間を活動させているというのだ。

 彼は、自分の脳をスキャンするという、最もシンプルなテストを実施した。両手にボタンを持ち、ある時は右手で押し、ある時は左手で押す。その一瞬の決定は、彼の意思によるものか、それとも脳が彼を動かしているのか。脳スキャンを見れば、それが一目瞭然だとソートイ教授は考えた。

 すると、意外な結果が出た。ソートイ教授がどちらにするのかという「決定」を意識する6秒も前に、すでに彼の脳の一部が活発になったのだ。ソートイ教授が左手を選ぼうとすると、その前にある部分の脳が活発になり、右手を選ぼうとすると、すでに別の部分が活発になっているという。

 ソートイ教授によれば、彼は自分が意思をコントロールしていないように感じるという。なぜならば、彼自身が何かを示唆する前に、すでにその脳の部分がどちらにするのかを決定しているからだ。

2. 物理学者―人生には不確かな部分がある

 哲学の世界には、決定論と非決定論という二つの相反する理論がある。決定論というのは、人間の行為をも含めて あらゆる事象、出来事がなんらかの原因によってあらかじめ決められているとする考え方。「神はサイコロを振らない」と言ったアインシュタインが擁護した概念だ。

 それに対し、物理学者のミチオ・カク氏は決定論に対して異論を唱える。アインシュタインの考え方に従えば、大量虐殺者でさえもすでに何百年も前から決まっていることになる。

 カク氏は、「アインシュタインは間違っている」と言う。「電子を見ると、それはいつも動いている。電子の位置に関して言えば、不確実性がある」と話す。

 カク氏によれば、人間も同様に不確実性がある。カク氏は、「自分の過去をベースにして、誰も、自分の未来を決定することはできない」と話す。

3. 「必然」というより、「避けられなかった」というべき―哲学者

 アメリカの哲学者であり、認知科学者のダニエル・クレメント・デネット氏(Daniel Clement Dennett)は、決定論は常に「必然」という言葉と密接に繋がっていると考える。

 デネット氏によれば、「必然」とはつまり、「避けられないこと」。彼は、必然に見える事象について、次のように考える。例えば、人間は、自分に向けて投げられた石とか槍とかをとっさによけることはできても、落雷は避けられないかもしれない。これらの現象を「必然」と「偶然」に分けることができるとすれば、全てが「必然」とは言えないのではないか。

 デネット氏は、自由意志があるのか、また未来はすでに決定されているのかについては、いまだパラドックスが存在すると話している。

英国科学実験講座 (18)数のミステリー Ⅳ 未来を予測するための探求
https://www.youtube.com/watch?v=iSqmYQBwoZg


Michio Kaku: Why Physics Ends the Free Will Debate
https://www.youtube.com/watch?v=Jint5kjoy6I&list=PL9PbQyvbzpf9Q2Jd6GKZNTMVAUoWLGlMr


Quantum Mechanics Documentary on Determinism vs Free Will
https://www.youtube.com/watch?v=k1MFOuYiqAI

此れは量子力学、量子物理学、科学、および自由意志、との間の関係についてのドキュメンタリービデオであり、どのように春から哲学的な質問など問題のあるような「マスタープラン」の存在、最終的に意識、神、宗教との性質決定し、自分たちの生活や行動を導くために人間の自由は、量子物理学と量子力学の分野で科学の進歩の後に再訪しなければなりません。一言で言えば、自由意志に対する決定論!

Is Free Will an Illusion? What Can Cognitive Science Tell Us?
https://www.youtube.com/watch?v=wGPIzSe5cAU


Dennett on free will and determinism
https://www.youtube.com/watch?v=Utai74HjPJE&nohtml5=False

デネットは、自由意志について彼の見解を語っていますが、それは必ずしも決定論的宇宙のルールから外れる訳では有りません。 そして、それは無神論についてではありませんが、それはまだ非常に興味深いトピックです。

>元記事が動画のリンクをしてくれてなくて不親切だったので、私が代わりに貼っておきました。
プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR