見ざる聞かざる言わざる

孫1
https://twitter.com/sun_koubun/status/865778504901705728

ゲオルギー・イワノヴィッチ・グルジェフが言う所のクンダバッファーを想起しました。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hgr/_gurdjieff.html
自動車には地面からの振動をやわらげるダンパーとかショックアブソーバーと呼ばれる緩衝器がついている。人も心理的な緩衝器を持っており、それが自己観察を妨げる最大の原因となっている。

誰しも自分は有能で魅力的であり、人気があって重要な存在であると思いこみたい。自分のありのままの姿が無能で、魅力のない、つまらない存在であると知ったなら、大きなショックを受けるだろう。普通はそれに耐えられない。そこで「緩衝器」を使ってそのショックをやわらげ、ありのままの自己から目をそらしてしまうのである。

たとえば、仕事で失敗したとする。これをありのままに認めるなら、自分は無能だということになり、ひどいショックを受ける。そこで緩衝器は次のようにいうのだ。

「失敗したのは上司の指導がまずかったからだ、部下がだらしなかったからだ、会社の経営方針に無理があったからだ、体調がすぐれなかったからだ、運が悪かったからだ……」

こうしてありとあらゆる理屈をいって自分を正当化する。するとショックがやわらげられる。しかし、同時にありのままの自己の姿が観察できないために、意識のエネルギーが高次のセンターに向かわない。こうなると我々は眠ったままであり、覚醒する可能性がなくなってしまうのだ。これがグルジェフのいう「緩衝器(クンダバッファー)」の役割なのである。

しかし、もし人が緩衝器を取り去って自分の失敗を認め、あえてその苦しみを受けて自己のありのままの姿を見つめたなら、意識エネルギーは高次のセンターに向かいはじめ、ついには覚醒に至る。

自尊心、いわゆる「我」の強い人ほど緩衝器が強い。緩衝器がある以上、自己観察は不可能である。ただし、緩衝器のない状態は非常に苦しい。緩衝器を撤去すると同時に、我々は強い意志を獲得しなければならないのである。

グルジェフはいう。

「覚醒は、それを捜し求めている者、それを得るために長期間うまずたゆまず自己と闘い、自己修練をする準備のできている者にのみ可能なのだ。そのためには『緩衝器』を破壊すること、つまり矛盾の感覚と結びついているあらゆる内的苦痛と直面すべく進んで歩み出る必要がある。」
スポンサーサイト

人間に「自由意思」はあるのか

http://www.epochtimes.jp/2016/03/25428.html
「運命」という言葉があります。仕事、結婚、住む場所…。それは自分の意思で決めているのでしょうか、それともすでに決まっているのでしょうか?日々の自分の行動は、本当に自分の意思で決めているのでしょうか?人間の「自由意志」という哲学的な問題について、3人の科学者たちの見解をご紹介します。

1. 神経科学者-自分の意思より先に、脳がすでに決定している

 オックスフォードの数学者マーカス・デュ・ソートイ教授は、人間に「自由意思」はないと考える。自分が何をしようかと意識するより前に、すでに脳が本人の意思情報をキャッチし、人間を活動させているというのだ。

 彼は、自分の脳をスキャンするという、最もシンプルなテストを実施した。両手にボタンを持ち、ある時は右手で押し、ある時は左手で押す。その一瞬の決定は、彼の意思によるものか、それとも脳が彼を動かしているのか。脳スキャンを見れば、それが一目瞭然だとソートイ教授は考えた。

 すると、意外な結果が出た。ソートイ教授がどちらにするのかという「決定」を意識する6秒も前に、すでに彼の脳の一部が活発になったのだ。ソートイ教授が左手を選ぼうとすると、その前にある部分の脳が活発になり、右手を選ぼうとすると、すでに別の部分が活発になっているという。

 ソートイ教授によれば、彼は自分が意思をコントロールしていないように感じるという。なぜならば、彼自身が何かを示唆する前に、すでにその脳の部分がどちらにするのかを決定しているからだ。

2. 物理学者―人生には不確かな部分がある

 哲学の世界には、決定論と非決定論という二つの相反する理論がある。決定論というのは、人間の行為をも含めて あらゆる事象、出来事がなんらかの原因によってあらかじめ決められているとする考え方。「神はサイコロを振らない」と言ったアインシュタインが擁護した概念だ。

 それに対し、物理学者のミチオ・カク氏は決定論に対して異論を唱える。アインシュタインの考え方に従えば、大量虐殺者でさえもすでに何百年も前から決まっていることになる。

 カク氏は、「アインシュタインは間違っている」と言う。「電子を見ると、それはいつも動いている。電子の位置に関して言えば、不確実性がある」と話す。

 カク氏によれば、人間も同様に不確実性がある。カク氏は、「自分の過去をベースにして、誰も、自分の未来を決定することはできない」と話す。

3. 「必然」というより、「避けられなかった」というべき―哲学者

 アメリカの哲学者であり、認知科学者のダニエル・クレメント・デネット氏(Daniel Clement Dennett)は、決定論は常に「必然」という言葉と密接に繋がっていると考える。

 デネット氏によれば、「必然」とはつまり、「避けられないこと」。彼は、必然に見える事象について、次のように考える。例えば、人間は、自分に向けて投げられた石とか槍とかをとっさによけることはできても、落雷は避けられないかもしれない。これらの現象を「必然」と「偶然」に分けることができるとすれば、全てが「必然」とは言えないのではないか。

 デネット氏は、自由意志があるのか、また未来はすでに決定されているのかについては、いまだパラドックスが存在すると話している。

英国科学実験講座 (18)数のミステリー Ⅳ 未来を予測するための探求
https://www.youtube.com/watch?v=iSqmYQBwoZg


Michio Kaku: Why Physics Ends the Free Will Debate
https://www.youtube.com/watch?v=Jint5kjoy6I&list=PL9PbQyvbzpf9Q2Jd6GKZNTMVAUoWLGlMr


Quantum Mechanics Documentary on Determinism vs Free Will
https://www.youtube.com/watch?v=k1MFOuYiqAI

此れは量子力学、量子物理学、科学、および自由意志、との間の関係についてのドキュメンタリービデオであり、どのように春から哲学的な質問など問題のあるような「マスタープラン」の存在、最終的に意識、神、宗教との性質決定し、自分たちの生活や行動を導くために人間の自由は、量子物理学と量子力学の分野で科学の進歩の後に再訪しなければなりません。一言で言えば、自由意志に対する決定論!

Is Free Will an Illusion? What Can Cognitive Science Tell Us?
https://www.youtube.com/watch?v=wGPIzSe5cAU


Dennett on free will and determinism
https://www.youtube.com/watch?v=Utai74HjPJE&nohtml5=False

デネットは、自由意志について彼の見解を語っていますが、それは必ずしも決定論的宇宙のルールから外れる訳では有りません。 そして、それは無神論についてではありませんが、それはまだ非常に興味深いトピックです。

>元記事が動画のリンクをしてくれてなくて不親切だったので、私が代わりに貼っておきました。

スワスチカはやはり太陽をシンボライズしたものだった

スワスチカはやはり太陽をシンボライズしたものだった
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/philo/1436486333/
http://imgur.com/u00Uiht
http://ona.blog.so-net.ne.jp/2013-12-29

スワスチカはやはり太陽をシンボライズしたものだった

img920.jpg

スワスチカはやはり太陽をシンボライズしたものだった

チベット仏教

Secret Tibetan Book of the Dead | History Channel Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=Ermcc6iDqQA

Yogis Of Tibet - Rare Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=DctQTDm-HdU
プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR