NASAが太陽へ向けて探査機を送る

NASAが太陽へ向けて探査機を送る―何故ここに

太陽の高温で今まで不可能だった恒星の大気の中へ入る事が今出来ました。
http://news.nationalgeographic.com/content/dam/news/2017/05/31/SolarProbe_cropped.adapt.768.1.jpg

レイチェル・ハーティガン・シェア
2017.5.31

NASAは、有人宇宙飛行から月着陸に至るまで、多くの任務に着手し成功し、星間空間に到達するための最初の宇宙船を打ち上げました。 しかし、それはまだ太陽に到達していません。何が邪魔をしているのか? 私たちの一番近い恒星の高温です。

太陽の表面は10,000°Fですが、その外気(コロナ)は華氏約350万度まで上昇します。
https://www.youtube.com/watch?v=48_qGtI08i8

地球を周回する望遠鏡は太陽の遠方から放出される光をどのように検出することができますか? NASAの科学者たちは、フェルミガンマ線宇宙望遠鏡が、太陽の遠方の太陽フレアに由来する最高エネルギーの電磁波であるガンマ線を記録した後、答えを見つけようとしました。
「この温度の逆転は、誰も説明できなかった大きな謎です」と最終的に太陽に近づくことを目指すNASAの任務であるパーカー太陽探査のプロジェクト科学者、ニコラ・フォックスは語ります。

NASAは、1958年に太陽風を発見した天体物理学者、ユージン・パーカー(Eugene Parker)の名前に改名した、以前は太陽探査の先人として知られていたる人の名前を宇宙船に命名したのです。
このミッションは、炭素複合材料で作られた遮蔽物によって可能になります。このシールドは、探査機の器具を70度の範囲で安全に保ちます。早ければ2018年7月31日に打ち上げられ、探査機は太陽を24周回するでしょう。それは、7個の兄弟惑星の重力支援によって、星から400万マイル以内になるでしょう。
http://www.nationalgeographic.com/interactive-assets/nggraphics/ngm-spp/build-2017-05-31_11-27-52/ngm-assets/img/ai2html-graphic-tablet-desktop.png
それは、太陽における他の大きな謎、太陽風を作り出すもの、太陽から加速して帯電した粒子、そして地球の電離層に大混乱を引き起こす原因の解明に近づくものです。
(「サンウォッチャーズが1967年に第三次世界大戦を止めた経緯」を読んでください)
http://news.nationalgeographic.com/2016/08/solar-storm-1967-space-weather-cold-war-science/
「毎日太陽が見えますが、それについてはあまりよく分かりません」とフォックスは語ります。 "太陽は私たちが行く最後の主要な場所です。"

翻訳元)
http://news.nationalgeographic.com/2017/05/explore-space-solar-probe/
スポンサーサイト

宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています

【研究】宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388839395/-100
1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/01/04(土) 21:43:15.16 ID:???0
★宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています

普段なにげに見上げている空の星や、身の回りに存在する物質についてその起源を考えることはあまりないと
思いますが、実はその存在は、別の宇宙からやってきた「ホログラム」かもしれないという研究結果が発表され、
注目が集まっています。

「ホログラム」とは言っても、これは宇宙のある一点から発せられた光源によって宇宙が照らされていることを
意味しているのではなく、すべての物質を説明する理論であるひも理論(弦理論)および超ひも理論(超弦理論)
を説明する概念となっています。

「すべての物質の中には、振動する極めて小さなエネルギーの糸が存在する」というひも理論(超ひも理論)は、
アインシュタインによる「一般相対性理論」と「量子力学」が直面する矛盾を解決することができる理論の一つと
言われていますが、まだその仮説は証明されるに至っていません。超ひも理論における重要な概念を発見したこと
で知られているフアン・マルダセナ教授が1997年に発表した論文では、「極めて小さな振動する『ひも』によって
生みだされるエネルギーである重力は、高度な物理学の観点によって説明される」という仮説を発表しました。

「ひも」は通常の理解をはるかに超える10次元に存在するものですが、実際にはより低次元で重力の存在しない
別の宇宙から届くホログラムである、というマルダセナ教授の仮説は、50年以上にわたって現代の科学の謎と
されてきた「一般相対性理論」と「量子力学」の矛盾を解決するものとして多くの関心を集めることになり、
世界中で研究が行われてきました。

http://gigazine.net/news/20130104-hologram-universe/

2 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/01/04(土) 21:43:22.62 ID:???0
2013年11月、茨城大学の「ヒャクタケ ヨシフミ(百武 慶文)」准教授を中心とする研究チームは、おもに物理学
などの論文をアーカイブするウェブサイトであるarXiv.orgで2本の論文を発表しました。その論文の中では、
ひも理論と、出現と消滅を繰り返す仮想粒子による予測をもとにしたブラックホール内部のエネルギーと、重力が
存在せずより低い次元のパラレル宇宙のエネルギーについてコンピューターによるシミュレーションを行ったところ、
両者の結果がぴったりと一致したとのこと。これは、マルダセナ氏の仮説を裏付けるものとなりました。

マルダセナ教授はこれらの研究結果について、「シミュレートされた2つの宇宙モデルは、実際の宇宙とは異なる
ものである」としながらも、その数学的に検証された内容は「われわれの宇宙の重力的プロパティが、将来において
純粋な量子論の観点に立ったよりシンプルな体形によって説明される日が来るという希望を抱かせるものだ」とその
意義について語っています。文字どおり、非常に次元の高い研究となっていますが、宇宙の存在の起源を明らかにす
るものとして興味深いところです。(終わり)
49 :仲間邦雄p3099-ipbfp804yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp:2014/01/04(土) 21:53:26.18 ID:edlvNvDY0 ?2BP(4920)
時間の存在
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17911783

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21924468

【人工知能】ゆっくりをねらえ!技術的特異点講座 第2回 Ver2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22386413
86 :名無しさん@13周年:2014/01/04(土) 22:00:56.31 ID:qGCW063D0
たしか重力が電磁気力なんかに比べて弱すぎるのはなぜということから始まって
リサ・ランドールが並行世界から漏れてきてるんだと言い始めたんだよな
87 :名無しさん@13周年:2014/01/04(土) 22:01:00.70 ID:+QQ9jvfJ0
11次元の膜宇宙
http://www.youtube.com/watch?v=nuoEV1dTfqw

「宇宙の崩壊はすでに始まっている。」デンマーク大学★2[12/13]

【科学】「宇宙の崩壊はすでに始まっている。」デンマーク大学★2[12/13]
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386976474/-100
1 :キャプテンシステムρφ ★:2013/12/14(土) 08:14:34.36 ID:???0
宇宙が崩壊する時にはその中のすべてのもの…私たちを含む全てが小さな「球」に圧縮されます。
理論物理学者はこの圧縮はすでに宇宙の中で開始した可能性があると言います。
この理論はデンマークの研究者が数学的に証明できたと主張しています。

科学者は遅かれ早かれ、宇宙の中の粒子や物体は重くなると言います。
重くなった物体…例えば砂の一粒でさえ数十億倍にまで重くなり、
そしてブラックホールとして収束・圧迫し、宇宙は存在しなくなるのだそうです。
また宇宙理論学者は宇宙が投影されたものだとも言います。
この世界は別の宇宙から投影されたものであり、無限に広がっている…
これらは「重力の虹」理論として提唱されています。

宇宙が崩壊の原因とはなにか?
それはすべてヒッグス粒子と呼ばれる、昨年に発見されたばかりの亜原子粒子である可能性があります。
ヒッグス場により、物体の質量の概念を説明できると考えられています。
このヒッグス場は同時に2つの状態、
すなわち今現在ある世界と、全く別の数十億倍重い状態の二つの状態が存在する可能性があります。
この超高密度のヒッグス場が存在していた場合、水が沸騰するようにヒッグス場の「泡」が生じます。
泡は光の速度で拡大し、また泡に入った物体は全て質量に変換されるため非常に重たい状態になります。
これによりブラックホールが生まれ、粒子が収束することを繰り返して宇宙はなくなってしまいます。

中略

南デンマーク大学のイェンス・クロッグ氏は言います。
「今、正確な計算を実行した結果、宇宙は崩壊する可能性が高いようです。」
「相転移は宇宙のどこかで始まり、そこから広がっていく。
 恐らくはすでに崩壊は起きており、急速に残りの宇宙を”食べている”状態でしょう。」
「今ここで始まる可能性もあるし、我々の知らない数億光年離れた場所で起こるかもしれない。
 それを私たちが知る術はありません。」

★1http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386946932/

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2523177/Could-universe-collapse-TODAY-Physicists-claim-risk-likely-started.html
13 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 08:20:18.68 ID:HsaYMr0F0
「宇宙ホログラム説」、超高精度の時計で検証へ

われわれの体験する3次元宇宙は、2次元における情報をホログラムのように投影した
ものかもしれない――

「宇宙のホログラフィック原理」を検証する実験が、フェルミ研究所で行なわれようとしている。

http://wired.jp/2010/11/04/%E3%80%8C%E5%AE%87%E5%AE%99
14 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 08:20:56.86 ID:LzVcr4Co0
エントロピー増大する方向だから崩壊してるに決まってる
むしろ、今の秩序だった宇宙体系の方が説明不可能
54 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 08:33:12.13 ID:bJ6PDlPE0
デイリーメールってサンと同じタブロイド紙だからイギリスの東スポみたいなもんだぞw

デイリー・メール
The Daily Mail(デイリー・メール)は、1896年創刊のイギリスでもっとも古いタブロイド紙。発行部数はザ・サン (The Sun) 紙に次いで第2位。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB
68 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 08:40:02.13 ID:LYaUsRXC0
物質とは何か。粒子とは何か。存在とは何か。無とは何か。引力とは何か。その他もろもろの要素は何か。

全ての要素の根には波動という共通項がある。

では波動とは何であり最初はどのように発生したのか。それが分かる存在は神の域にあると言える。
72 :名無しさん@13周年:2013/12/14(土) 08:43:27.00 ID:Hp5sLRRx0
>>68
波動ってのは、時間とともに何かの量なり
位置なりが変動することを言うので

そもそも時間がなぜ存在したのか
なくてもいいのでは?

つかビッグバンの前にも時間はあったのか?

無人補給機こうのとり4号機公開 8月、飛行士に食料届ける

【きぼう】無人補給機こうのとり… 2013/06/19 19:11

【きぼう】無人補給機こうのとり4号機公開 8月、飛行士に食料届ける
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1371635398/-100
1 :歩いていこうφ ★:2013/06/19(水) 18:49:58.11 ID:???
6月19日、種子島宇宙センターの第2衛星フェアリング組立棟で、宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機の機体を
報道機関に公開しました。
「こうのとり」4号機はH-IIBロケット4号機に搭載され、8月4日(日)に種子島宇宙センターから打ち上げる予定です。
宇宙飛行士のための食料品や飲料水のほか、「きぼう」日本実験棟の実験機器や試料等の物資を国際宇宙ステーションへ運びます。
引き続き打ち上げに向けた作業を進めます。

ソース:JAXA
http://iss.jaxa.jp/htv/mission/htv-4/

2187413.jpg

before
2187362.jpg

after
2187414.jpg


9 :名無しのひみつ:2013/06/19(水) 19:05:35.64 ID:7LASvXfm
国産宇宙服開発へ JAXAなど、繊維技術を結集
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG04010_V00C13A1MM0000/

宇宙服の開発も始めてるし有人ロケット打ち上げは近い

『JAXAの歩き方?公開データのウェブサイトカタログ~』が公開

【宇宙】『JAXAの歩き方?公開デ… 2013/05/22 18:27

【宇宙】『JAXAの歩き方?公開データのウェブサイトカタログ~』が公開(PDF)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1369202161/-100
1 :ベガスρ ★:2013/05/22(水) 14:56:01.70 ID:???
JAXAでは、人工衛星が取得した観測データや天体や宇宙空間のさまざまな現象を捉えた観測データ、
また、宇宙開発の様子を画像や動画としても配信しています。
これらのデータを公開しているウェブサイトの数は、JAXAの公式サイトの中だけでも、
なんと、100以上も存在しています。
せっかく多くの有益なデータを公開していても、

「データを使いたいんだけど、欲しいデータに辿りつけない」
「どんなデータがあるのかよく分からない」

そういった声を受けて、このたびデータ公開サイトをまとめました。

入手したデータを加工したり解析してみたいという方々のためにデータの取り扱いに関する各種マニュアル
(データの読み方、ウェブサイトの使い方等)についても紹介しています。
このカタログを利用して、ぜひJAXAが提供するデータをご活用下さい。

目次
1. はじめに ・・・2
2. JAXA公開データ ・・・5
手引きの使い方 ・・・6
2.1 地球観測 ・・・11
2.2 宇宙科学 ・・・97
2.3 国際宇宙ステーション・宇宙飛行士 ・・・141
2.4 研究開発(航空・衛星) ・・・149
2.5 広報・教育 ・・・159
3. 特集 ・・・167
4. 衛星概要一覧表 ・・・173
5. ポリシー・利用規約 ・・・183
あとがき ・・・184

http://www.jaxa.jp/archives/db/tebiki_j.html

ダウンロード(注意、PDF 39MB)
http://www.jaxa.jp/archives/db/pdf/tebiki.pdf
3 :名無しのひみつ:2013/05/22(水) 15:11:49.74 ID:x1GvYAjV
http://www.ir.isas.jaxa.jp/AKARI/Outreach/manga/AKARIchan1.pdf
さっそく歩いてみた
これを拾った
http://www.ir.isas.jaxa.jp/AKARI/Outreach/manga/AKARIchan1.pdf
プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR