スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観測プロジェクト「バリオン音響振動分光サーベイ」 60億光年彼方まで、誤差1%の精度で距離を測定

【宇宙物理】観測プロジェクト「バリオン音響振動分光サーベイ」 60億光年彼方まで、誤差1%の精度で距離を測定
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1389371450/-100
1 :白夜φ ★:2014/01/11(土) 01:30:50.74 ID:???
60億光年彼方まで、誤差1%の精度で距離を測定

【2014年1月9日 カブリIPMU】
観測プロジェクト「バリオン音響振動分光サーベイ」で、60億光年彼方の銀河までの距離を誤差1%の高精度で測定することに成功した。
宇宙の膨張を加速させると考えられている謎のダークエネルギーの正体解明につながると期待される。
---------------
米メキシコ州で行われている観測プロジェクト「バリオン音響振動分光サーベイ」(BOSS)で、
60億光年彼方にある銀河までの距離を誤差1%の高精度で測定することに成功した。

これほどの高い精度で距離が測定できた天体は、従来は天の川銀河の中にある太陽から数千光年以内の星々だけだった。
今回の測定は、「バリオン音響振動」と呼ばれる、宇宙に存在する銀河の分布に周期的に現れる波紋を測定するという新しい手法で実施された。

近傍(現代)から遠方(昔)までおよそ120万個の銀河の位置を測定し、その密度分布から波紋の大きさ(みかけの角度)を観測すると、銀河までの正確な距離がわかる。
宇宙の歴史における各時代ごとの波紋の大きさを調べることにより、宇宙膨脹が時間と共にどのように変化してきたか、なぜ膨張が加速し始めたのか、手がかりを得ることができるという。

今回測定された銀河地図を利用した別の研究成果を、カブリIPMU特任研究員の斎藤俊さんらが発表している。
正体不明のエネルギー(ダークエネルギー)によると考えられている宇宙の加速膨張を、アインシュタインの重力理論の修正によって説明しようとする試みがあるが、この理論を検証したものだ。

斎藤さんらは、1億光年という大きなスケールで重力的に銀河がどう集まっているのかを観測し、赤方偏移歪みと呼ばれる効果を精密に測定して重力理論を検証した。
今回の観測では、アインシュタインの重力理論に修正が必要な積極的な証拠は見つからなかった。

赤方偏移歪みによる重力理論の検証は、宇宙加速膨張の謎に迫るうえで、バリオン音響振動による距離測定とは相補的な役割を果たすという。

現在のところBOSSプロジェクトの測定結果は、ダークエネルギーの働きは宇宙誕生以来変化していないことを示唆している。
現在の宇宙の姿や大規模構造を説明する宇宙モデルは、さらに裏付けを得て強固になっている。
(※参照リンク等は引用元でご覧ください)
_____________

▽記事引用元 AstroArts 2014年1月9日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/01/09boss/index-j.shtml

バリオン音響振動の波紋
http://www.astroarts.jp/news/2014/01/09boss/bao.jpg
2 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 01:40:31.88 ID:uQ5EQ/MY
すげーな バイオリン音響振動分光サーベルってのは
3 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 01:47:38.75 ID:68O77IIz
60億光年で1%って、結構壮大な誤差じゃないの?
4 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 01:51:45.43 ID:QkEb1tNF
日本の細川前総理

「韓日併合強制されたこと」
天皇、早急な韓国訪問望ましい
在日韓国人に地方参政権付与しなければ
2010/08/14 、聯合ニュース(韓国)

【舛添要一の正体】

・外国人参政権推進 ・「新党改革」の記者会見で国旗に対して「邪魔だから」と発言、 取り除かせた
・朝まで生テレビで自分は在日朝鮮人の家の子だとカミングアウトした
・彼は反小沢ではなくて親小沢。自由党時代ブレーンのひとりだった
・安倍首相の決断による衛藤晟一氏(参議院比例区 真正保守・反日教組の急先鋒)の自民党復党について感想を求められて「百害あって一利なし」と発言

宇都宮 ・・・日弁連のプロ人権団体屋のドン、オリンピックを縮小へ
日弁連の会長をやってた2010年に日弁連と韓国の大韓弁護士協会が共同で慰安婦への賠償を求める共同宣言を出す
のりこえねっと(しばき隊の親玉)共同代表
反日の共産党・社民党が推薦
君が代起立条例案反対 外国人参政権推進
5 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 01:52:52.83 ID:ubOsTUsT
>近傍(現代)から遠方(昔)までおよそ120万個の銀河の位置を測定し、その密度分布から波紋の大きさ(みかけの角度)を観測すると、銀河までの正確な距離がわかる。
なるほど、分からんw
6 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 02:17:30.11 ID:36mQZiL7
バイオリンの音響特性を調べます
7 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 02:25:11.34 ID:9ER2nvZV
火星の鹿のふんはどーなった?
8 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 02:40:21.39 ID:GZteeuvj
蛇足だがバイオリンで名器と言われるストラティヴァリウスも製造から300年近くが過ぎて、保存の道を探しているよ
名器とはいえ、時間による劣化からは逃げられないからね
その劣化から免れようと、例えばCTスキャンによるデジタル化が一部で行われている
9 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 03:07:53.47 ID:pUs2SYcA
誤差の精度が一桁以上あがったのかすげーな。
10 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 03:12:47.62 ID:pUs2SYcA
>>3
> 60億光年で1%って、結構壮大な誤差じゃないの?
何とぼけたこといっているんだよ。1%の誤差って天文学では(ry

>http://ja.wikipedia.org/wiki/ベテルギウス
>2008年になり、定説となっていた約427光年という推定距離が大幅に改められ約642光年となった
アンドロメダ星雲も結構多すぎる誤差が修正されていたな。
11 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 03:40:45.42 ID:R3yzoRNo
この精度で世界の始まりがどこだったのか特定できるのかな
12 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 03:41:53.87 ID:1YPJdQg8
宇宙の立体地図とかあるやん。あれって距離に応じて情報古いよね。
それを補正した「現在の宇宙地図」なんてのは作られてないの?
それとも、スケールが変化するだけなので面白みないの?
宇宙の端まで含めたマップは点になっちゃうから意味ないとか?
13 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 03:45:49.27 ID:SRUsDA/H
>>10
ベテルギウスとの距離がごく最近まで言われていた値よりも215光年も遠かったというのは驚くべきことだ。
しかしベテルギウスは宇宙的規模からみるといわばご近所のようなものだが、
それでその誤差が34パーセントというのはそれはもはや誤差ではなく何か根本的な理論的欠陥から来た完全な間違いの範疇に入る。
ところがこの場合相手にしている距離は実に60億光年で、それで誤差が1パーセントというのはその精度がいかに正確であるかを示している。
14 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 04:02:32.20 ID:idJevNwx
おじちゃんたちこれ誰が得するん?
15 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 04:11:43.16 ID:O5w7XAS/
>>14
その謎のエネルギーを人類が利用出来るかも知れない
16 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 04:25:35.64 ID:T5dEzrkD
>>14
> おじちゃんたちこれ誰が得するん?

おじちゃんではないが、釣りにレスしてあげよう
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A8
この人が趣味でやってたことが今役立ってるので、
多分500年後位後の人たちが得すると思うよ
17 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 04:27:54.79 ID:pUs2SYcA
>>13
>誤差ではなく何か根本的な理論的欠陥から来た完全な間違いの範疇に入る。
なーーーーんだ。何故誤差修正された理屈も知らなかったんだ。
こういう無知って恥ずかしいな、勝手な思い込みでw

技術の進歩でそれ以前とそれ以後の観測方法が違うのに同じ精度が
でるとか思っているの?
その数値を観測した方法を調べてみれば?
まったくの無知でそこまで言うのって笑えるわ。
誤差を修正したのは衛星観測で修正したそこまで言えばわかるよな?
18 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 04:44:43.12 ID:1YPJdQg8
年周視差で測定してるからそんなもんですって言われても、誤差どころじゃないやんwwwと思うんだ。
もれは>>13に同意するよ
19 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 06:45:01.34 ID:xvv/uS3q
宇宙物理なのに音響振動とはこれいかに
20 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 06:47:54.24 ID:CK8ZS8Lk
でもよぶっちゃけ60億後年の誤差が
0.6億光年近いとか遠いとか
激しくどうでもいいだろ。
だからどうなんだ?って話だろうが。
下らない宇宙遊びしてる暇があったらじひょうかいて
じしょくしないとコストに見合わないだろうが
21 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 06:50:04.38 ID:+jdPqKTp
>>16
おじいちゃん、ありがとう♪
22 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 07:05:24.10 ID:8efdn0f3
30年後には誤差が34%あったってバレるからw
23 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 07:10:41.77 ID:CK8ZS8Lk
でもよ正直60億後年が30億光年の
誤差がどうこうってぶっちゃけ凄まじくどうでもいいんだよね。
だから何なの?って思わずにはいられない。
もう0.1光年で近いとか60億光年で遠いとか
どっちもいけない以上
どっちも遠いんだよ、この程度で騒いでる阿呆はかいこしときたい所だよね
24 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 07:16:16.74 ID:CK8ZS8Lk
音響信号の技術を利用して
JBLを超える最強の音質のスピーカーを
開発してくれた方が遥かに
メリットがあるんだけどな
60億光年の距離の測定とか本当にどうでもいいよ
25 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 08:00:21.98 ID:htMPWifz
誰もほかに確認方法をもっていないから、誤差1%と言っても、

それが本当か嘘かもわからない。
26 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 08:07:39.13 ID:IItoE7Q/
>>1
http://biblia.holy.jp/space/
http://biblia.holy.jp/space/page2.html
27 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 08:48:21.26 ID:nnxSOF4p
見えるもの(物質)がすべてだと思っていたら、たった4%らしい

とかいう世界だからなw
28 :名無しのひみつ:2014/01/11(土) 08:57:18.62 ID:lACk2dNN
こんな真面目なレスばっかりじゃ、魔神竜禁止って書けないじゃんかよう
スポンサーサイト

横から見た渦巻銀河、NGC 2997 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影

【宇宙】横から見た渦巻銀河、NGC 2997 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1388852343/-100
1 :白夜φ ★:2014/01/05(日) 01:19:03.93 ID:???
横から見た渦巻銀河、NGC 2997
Dan Vergano,
National Geographic News
January 4, 2014

NASAのハッブル宇宙望遠鏡が真横からとらえた渦巻銀河、ESO 373-8(2013年12月23日公開)。
地球や太陽系が属する天の川銀河(銀河系)と同じように、渦状の腕が回転して皿のような形となっている。
横から見ると、ご覧の通り平らだ。この銀河はNGC 2997銀河群の1つで、ほかに7つの銀河が集まっている。

地球からの距離はおよそ2500万光年。
この銀河群を研究することで、天の川銀河の構造を解き明かす手掛かりが手に入るのではないかと期待されている。
_____________

▽記事引用元 National Geographic News January 4, 2014配信記事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014010401
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/wis277potw_74861_600x450.jpg
wis277potw_74861_600x450.jpg

▽関連リンク
HUBBLE ESA
Flat as a pancake
http://www.spacetelescope.org/images/potw1351a/
11 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 03:04:59.82 ID:vp8hh9Uh
宇宙って平べったく広がってるんだっけ
上下左右全方位に散らばってるんだと思ってた。

12 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 03:12:54.05 ID:hFEmiNE/
>>11
そう言われると、まるーい球体みたいな銀河ってないね。
16 :名無しのひみつ:2014/01/05(日) 04:17:41.90 ID:nD/OijoV
>>12
ある
http://imagine.gsfc.nasa.gov/docs/teachers/galaxies/imagine/characteristics.htm
http://imagine.gsfc.nasa.gov/Images/teachers/posters/galaxies/hubble_fork.jpg

宇宙最大の恒星「W26」死期迫る、天文学者ら発表

【天文】宇宙最大の恒星「W26」死期迫る、天文学者ら発表
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1382228773/-100

1 :白夜φ ★:2013/10/20(日) 09:26:13.06 ID:???
宇宙最大の恒星に死期迫る、天文学者ら発表
2013年10月17日 10:20 発信地:パリ/フランス

【10月17日 AFP】これまで知られている恒星の中で最も大きいとされる「W26」の寿命が近づきつつあり、最終的には爆発するだろうとの論文が、
16日に英国王立天文学会誌(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society、MNRAS)で発表された。

天文学チームは、チリにある欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)の望遠鏡を用いた観測で、
W26に死期が迫っている兆候を確認したとしている。

1998年に最初に観測されたW26は、さいだん座の方角、約1万6000光年の距離にある。
直径は太陽の約3000倍で、英国王立天文学会(Royal Astronomical Society、RAS)によると、これまで観測された恒星の中では最も大きい。

W26は、その巨大さと短命さで定義される「赤色超巨星」に分類される。
赤色超巨星は、核燃料を使い果たして超新星爆発を起こすまでの寿命は通常、数百万年以下とされている。

論文によると、W26は不安定化し、外側の層が流出していることが分かった。
これは、この星の寿命が近づいていることを示す主要な証拠だという。(c)AFP
____________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月17日 10:20配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3001543

▽関連サイト
ESO
Surprise Cloud Around Vast Star
http://www.eso.org/public/images/potw1341a/
potw1341a.jpg
15 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 09:50:17.85 ID:HdCBgBoe
どれのこと?
16 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 09:53:47.01 ID:6gdLjRbr
太陽の3000倍って水星の公転軌道と同じくらい?
いつもの計算早い人教えて?

18 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 09:54:38.68 ID:PkRLIqNI
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AC%E5%BA%A7VY%E6%98%9F
>直径は非常に大きく、太陽の1420倍と推定されている

これが今まで発見された一番大きな恒星。
22 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:01:25.89 ID:PkRLIqNI
>>16
天王星ぐらい。
太陽直径 139万km
1au=14960万km
139km × 3000=417000万km
417000万km ÷ 14960(auのkm) =27.87au

土星 = 9.55au
天王星 = 19.21au
海王星 = 30.1au

23 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:04:06.47 ID:PkRLIqNI
>>8
>はくちょう座V1489星の直径は約23億kmと、太陽の1650倍もある巨大なものである
http://ja.wikipedia.org/wiki/はくちょう座V1489星
3000倍なので誤差考えてもTOPの座は交代
28 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:10:36.88 ID:isz/or5H
>>15
これのようです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Westerlund_1-26
img13.gif
37 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:38:11.65 ID:5UwxiqjE
あれ?

俺が知る限りおおいぬ座VY星って恒星が発見された中で最大だったはずなんだが?
39 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:42:38.62 ID:rLudYfpV
>>37
俺もそれ思ってた
おおいぬ座VY星が最大だったはずなんだがいつからそれ以上が出てきたんだ
41 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 10:51:15.34 ID:PkRLIqNI
>>39
20世紀末の観測技術なら最悪1.5倍ぐらい誤差があるから50歩100歩
今世紀で13年経つが、地上からの観測では前世紀のそれと大差ないわけで、
まだまだ20%ぐらいは普通に測定誤差含んでいるさ。
精度を上げるなら地球と離れた位置に望遠鏡を設置するぐらいだろうな。

①年周視差法(三角視差法)
②視線速度法
③分光視差法
そのぐらいの距離を測るならこの3つしかないわけで。
52 :名無しのひみつ:2013/10/20(日) 11:27:00.99 ID:jY6hXt5U
>>39
直径は非常に大きく、太陽の1420倍と推定されている[1]。かつては直径は太陽の1800倍から2100倍であり、既知の恒星としては最も大きいと思われていたが、
推定値が見直された結果、6番目に順位が落ちた。@wiki

てか直径で言われてもやばさが伝わりにくいよな、質量はどんくらいなんだこいつは?

o0rMr9tn.jpg

星形成領域であるNGC 6334の画像を公開/ESO

【宇宙】星形成領域であるNGC 6334の画像を公開/ESO
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1380727529/-100
1 :白夜φ ★:2013/10/03(木) 00:25:29.06 ID:???
ESO、星形成領域NGC6334の写真公開
2013年10月01日 00:00 発信地:パリ/フランス

【10月1日 AFP】欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は23日、星形成領域であるNGC 6334の画像を公開した。
この画像には、APEX望遠鏡に新しく搭載された、ArTeMiSと呼ばれるカメラの初仕事として撮影された写真も含まれている。

このイメージ画像上ではまず、波長0.35ミリで捉えられた、星間微粒子の厚い雲からやって来る白く輝く光を目にすることができる。
また、ArTeMiSの観測によって撮影されたのはオレンジ色に輝く光で、パラナル観測所(Paranal Observatory)にある
望遠鏡「VISTA」が近赤外線を使って撮影した、同じNGC 6334の画像の上に重ね合わせて映し出されている。(c)AFP
___________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月01日 00:00
http://www.afpbb.com/articles/-/3000550

▽関連リンク
ESO
The Cool Glow of Star Formation
First Light of Powerful New Camera on APEX
25 September 2013
http://www.eso.org/public/news/eso1341/
eso1341a.jpg
17 :名無しのひみつ:2013/10/03(木) 14:58:42.28 ID:uVsVPww9
可視光の黒い帯と
http://www.ipac.caltech.edu/2mass/gallery/ngc6334atlas.jpg
赤外線のピークが
http://www.cfa.harvard.edu/image_archive/2013/59/lores.jpg
重なってることを示したいんだろうけど
逆に無茶苦茶な絵になってる
21 :名無しのひみつ:2013/10/04(金) 03:30:02.39 ID:8AvtMAmP
globular star clusterぐぐると幸せになれるよ

22 :名無しのひみつ:2013/10/04(金) 06:38:50.49 ID:yeZ1mX0y
よくわからんが、ArTeMiSってのはボロメーター(温度上昇によって抵抗が変化する物質を利用して、
赤外線などの放射エネルギーを測定する装置)を使った新設のカメラらしい
http://irfu.cea.fr/Sap/en/Phocea/Vie_des_labos/Ast/ast_technique.php?id_ast=2295

APEX=Atacama Pathfinder Experiment(アタカマ パスファインダー 実験)望遠鏡は
ミリ波 30 - 300GHz 、サブミリ波 300 - 3000GHz に特化した電波望遠鏡
http://www.apex-telescope.org/pictures/chajnantor/2013/

太陽の北極付近に現れた巨大コロナホール 太陽観測衛星「SOHO」がとらえる

【宇宙】太陽の北極付近に現れた… 2013/07/26 21:44

【宇宙】太陽の北極付近に現れた巨大コロナホール 太陽観測衛星「SOHO」がとらえる/NASA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374768430/-100

1 :白夜φ ★:2013/07/26(金) 01:07:10.33 ID:???
太陽に現れた巨大コロナホール
【2013年7月24日 NASA】 太陽観測衛星「SOHO」が太陽の北極付近に現れたコロナホールをとらえた。
表面の4分の1ほどを覆い隠すという、とてつもない大きさだ。

太陽観測衛星SOHOが、太陽の北極付近に現れた巨大なコロナホールをとらえた。
これまでにとらえらえたコロナホールの中でも最大級のもののひとつで、太陽の表面の4分の1ほどを覆い隠すように見えている。

コロナホールとは、太陽のもっとも外側の大気であるコロナに見られる、低密度で暗い領域だ。
物質はほとんど含まれておらず、温度が低いため周囲よりもはるかに暗く、X線で観測するとまるで穴が開いたように見える。
太陽の代表的な特徴のひとつで、太陽の活動に応じて異なる場所に現れたり、出現頻度が変化したりする。

太陽の活動サイクルは約11年と考えられており、現在は極大期に向かっていて活動が活発化している。
この時期には、コロナホールの数は減少する。

極大期になると太陽磁場が反転し、新たなコロナホールが太陽の両極付近に現れる。
その後、太陽の活動が弱まっていくと、コロナホールは大きくなり数が増え、両極から遠くへと広がる。
今回とらえられたコロナホールよりも大きなものが現れることもある。

コロナホールは高速太陽風の源で、そこから吹く太陽風はほかの領域から吹く風の約3倍も速い。
宇宙天気を理解する上で重要な要素であるコロナホールだが、その形成要因はまだよくわかっていない。

▽記事引用元 AstroArts 2013年7月24日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/07/24corona_hole/index-j.shtml

SOHOが7月18日にとらえた巨大なコロナホール。(提供:ESA&NASA/SOHO)
2218697.jpg

▽関連リンク
NASA
Large Coronal Hole Near the Sun’s North Pole July 19, 2013
http://www.nasa.gov/content/goddard/large-coronal-hole-near-sun-north-pole/

http://www.nasa.gov/sites/default/files/cor_hole284.jpg
プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。