スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京より放射線量が2倍以上も多いソウル・・・韓国人女性の甲状腺がん発症率は日本の14倍

【話題】 東京より放射線量が2… 2013/09/12 13:10

【話題】 東京より放射線量が2倍以上も多いソウル・・・韓国人女性の甲状腺がん発症率は日本の14倍
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1378957048/-100

1 :影のたけし軍団ρ ★:2013/09/12(木) 12:37:28.11 ID:???0
そもそもが「ディスカウント・ジャパン」(=国際社会で日本を貶める)運動の一環なのだが、
2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会に向けた、韓国の工作は執拗だった。

そして、ウルトラCかDかとばかりに出してきたのが、「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」のキャンペーンだった。

それまでは“民間の運動”の形だったが、最後は韓国政府も「福島周辺8県からの水産物輸入禁止」
という緊急措置を発表することで、運動の隊列に加わった。

それでも「東京開催」に決まったことは“よし”として、韓国や中国から攻められると、
日本の関係者が防戦一方になるのはなぜか。

今回だって、絶好のカウンターパンチはいくらでも見舞えた。
例えば、大気中の放射性物質量は、東京よりソウルの方が2倍以上も多いのだ。

聯合ニュースは先月7日、駐日韓国大使館のホームページにあった文言として
「東京の放射線量は時間あたり0・034~0・052マイクロシーベルトで、同日のソウル(0・108~0・154マイクロシーベルト)より低かった」と報じている。

それとの因果関係は分からないが、「韓国人女性の甲状腺がん発症率は日本の14倍」(中央日報12年11月2日)という事実がある。

「鬱陵島(ウルルンド)の南方海域に核廃棄物を大量に投棄したのはどこの国か」
「放射能がいっぱいで、危ない国とは韓国のことではないか。18年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を返上すべきではないのか」

日本の外務省当局者は、外国人記者向けブリーフの席で、このぐらい言うべきだったのではないか(いや、これからでもいい)。

平昌五輪と放射能の関係では、さらに恐ろしいニュースがある。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130912/frn1309120735000-n1.htm

【甲状腺がん】 韓国での患者は2000年の3288人から2010年には3万6021人へと10倍以上に増えた
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1375333230/-100

2 :名無しさん@13周年:2013/09/12(木) 12:37:47.73 ID:4stuBlO6i
大久保に行くと毎回、朝鮮人が日本人相手に土下座している光景が見れますw  
3 :影のたけし軍団ρ ★:2013/09/12(木) 12:37:51.06 ID:???0
「環境省の国立環境科学院は、11年と12年の冬に全国の住宅7885戸の室内でラドン濃度を測定したところ、
1752戸(22・2%)で環境基準を上回るラドンが検出されたと25日発表した。

韓国のラドン環境基準は、米国と同じく大気1立方メートルあたり148ベクレルだ。

ラドンの環境基準超過率は、花崗(かこう)岩地帯が比較的多い江原道(カンウォンド)が42・0%
(調査対象424戸のうち178戸)と最も高かった」(朝鮮日報13年1月25日)

ラドンは花崗岩の風化により生じる放射性物質であり、濃度によっては肺がんの原因になる。平昌五輪の主会場は江原道だ。
こんな重大な問題を抱えながら、平気で「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」と叫べる鉄面皮の国があることを知っておくべきだ。

「ディスカウント・ジャパン」運動が、これで終わったのではないことにも留意が必要だ。
16 :名無しさん@13周年:2013/09/12(木) 12:41:04.06 ID:UVjoN/9F0
知ってるよ
姦国行くのはやばい

jntologo.gif


34 :名無しさん@13周年:2013/09/12(木) 12:44:25.15 ID:Fjzzbxgq0
>>1
3倍だね
JNTO Global Home

Japan Travel Updates after the 3.11 Earthquake
Japan Now on Video
Attractions and Events
Transportation
Disaster/Recovery General Information
Information from International Organizations
Other Information
Disaster/Recovery General Information
Earthquake
Distance from Fukushima Daiichi Nuclear Plant and Radiation Dose Measurements (Weekly Update)
Dose of Radiation in the World (Weekly Update)
Monitoring Information of environmental radioactivity level
Information about Radiation
Prospect of the electric power situation
Information from Japanese Government
News in Foreign Languages
Earthquake Information
Japan Meteorological Agency
http://www.jma.go.jp/en/quake/
Distance from Fukushima Daiichi Nuclear Plant and Radiation Dose Measurements (Weekly Update)
2260805.png
※Download PDF file
For more measurements, see Dose of Radiation in the World and Monitoring Information of environmental radioactivity level (Domestic Japan).
Dose of Radiation in the World (Weekly Update)
Latest Radiological Monitoring data in the Major Cities
The dose of radiation in Tokyo is not high in comparison with that in major cities in the world.

City Dose of Radiation
(uSv/h)
Date of measurement Referring Website
Tokyo 0.034 Sep. 9, 2013 http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/hourly_data.html
New York 0.094 May. 31, 2011 http://digistar.com/boston/ (*)
Paris 0.057 Sep. 9, 2013 http://www.irsn.fr/FR/Documents/france.htm
Berlin 0.066-0.087 Sep. 9, 2013 http://odlinfo.bfs.de/
London 0.084 Sep. 9, 2013 https://geoserver.jrc.ec.europa.eu/PublicEurdepMap/ Disclaimer.aspx
Singapore 0.040 Sep. 9, 2013 http://app2.nea.gov.sg/anti-pollution-radiation-protection/radiation-protection/overview-of-radiation-protection
Hong Kong 0.080-0.140 Sep. 9, 2013 http://www.hko.gov.hk/radiation/ermp/rmn/applet/ map/rmn_hourly_e.htm
Beijing ** 0.061 Sep. 8, 2013 http://haq.mep.gov.cn/gzdt/
Taipei 0.059 Sep. 9, 2013 http://www.trmc.aec.gov.tw/utf8/eng/
Seoul 0.108 Sep. 9, 2013 http://iernet.kins.re.kr/
(*) Measuring not by US government but by a private person.
(**) Unit in original data is nGy/h. The figure in this table is estimated as 1uGy/h=0.8uSv/h.
European Radiological Data Exchange Platform(EURDEP)
https://geoserver.jrc.ec.europa.eu/PublicEurdepMap/Default.aspx
Monitoring Information of environmental radioactivity level
Readings of environmental radioactivity level by prefecture
Source – Japanese Government Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)
MEXT Official Statement:
The Japanese Government is closely monitoring radiation levels to ensure that produce with elevated levels of radioactivity is not distributed for consumption.
For details of the monitoring data of radiation, please click on the map below.
map_of_japan47_eng.gif
Readings of environmental radioactivity level in Fukushima prefecture
Consultation regarding the Great East Japan Earthquake:
http://www.worldvillage.org/english/index.html
The measurement value of the environmental radioactivity at Fukushima Airport (written in Japanese):
http://fukushima-radioactivity.jp/environ-mapdetail.php?category_cd=1&genre_cd1=-1&point_no=87
Radiation in Daily-life
2260832.gif
Reading of radioactivity level in drinking water by prefecture
Ministry of Health, Labour and Welfare(MHLW) Official Announcement:
http://www.mhlw.go.jp/english/topics/2011eq/watersupply.html
Restriction Areas around Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
[No Entry Zone] : Within 20km-radius from Fukushima Daiichi nuclear power plant
Press Conference by the Chief Cabinet Secretary
[Indoor Evacuation area] : Within 20-30km radius from Fukushima Daiichi nuclear power plant
[Deliberate planned evacuation area(*)] : Kutsurao village, Namie town, Iitate village, a part of Kawamata town and a part of Minami Souma City
(*) the areas the beyond 20 km radius from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant where highly accumulated radioactive materials were locally detected and high levels of cumulative doses were found due to climate conditions and others.
[Deliberate evacuation Area(**)] : Hirono town, Naraha town, Kawauchi village, a part of Tamura city and a part of Minami Souma city
(**)'Indoor Evacuation Area' between 20 and 30 km from Fukushima Daiichi excluding those areas designated as 'Deliberate planned evacuation area'
Information about Radiation
Nuclear Regulation Authority
http://radioactivity.nsr.go.jp/en/
International Atomic Energy Agency (IAEA)
http://www.iaea.org/
Reading of environmental radioactivity level (MEXT)
http://www.mext.go.jp/english/incident/1303962.htm
The latest radiation updates around Tokyo metropolitan airports (Narita and Haneda) (MLIT)
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk7_000003.html
The latest radiation updates around the Port of Tokyo and Yokohama (MLIT)
http://www.mlit.go.jp/kowan/kowan_fr1_000041.html
Environmental Radioactivity Measurement
Fukushima prefecture
http://monitoring-hokkaido.info/index.php?lang=en
WHO Centre for Health Development (WKC)
http://www.who.or.jp/
National Institute of Radiological Sciences (NIRS)
http://www.nirs.go.jp/ENG/
For Safe Travel in Japan (Japan Tourism Agency) (PDF)
English
French
German

Prospect of the electric power situation
As a result of overall efforts in adding electricity supply and conserving electricity, the supply-demand balance has improved significantly and rolling blackouts will not be implemented anymore throughout the year. While visitors from overseas to Eastern Japan may feel a little inconvenienced from less bright lights and some escalators are not in operation in train stations and buildings, we appreciate your understanding and cooperation.
Tokyo Electric Power Company: http://www.tepco.co.jp/en/index-e.html
Information from Japanese Government
Prime Minister of Japan and His Cabinet
Address by Prime Minister Shinzo Abe at the Ceremony to Commemorate the Second Anniversary of the Great East Japan Earthquake
http://www.kantei.go.jp/foreign/incident/
Minister of Foreign Affairs of Japan
New http://www.mofa.go.jp/policy/page3e_000071.html
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/incidents/
To foreign nationals who postponed their visit to Japan due to the Great East Japan Earthquake(Termination of Special Measure)
Nuclear Regulation Authority
New http://www.nsr.go.jp/english/e_news/2013/0828.html
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology
http://www.mext.go.jp/english/topics/1305115.htm
Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism
Japanese Air Transport after the Earthquake
Ministry of Health, Labour and Welfare
Information about the Great East Japan Earthquake
News in Foreign Languages
NHK World
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/
Foreign Press Center
http://fpcj.jp/?ml_lang=en
(c)2011 Japan National Tourism Organization

>Tokyo 0.034(uSv/h) Sep. 9, 2013
>Seoul 0.108(uSv/h) Sep. 9, 2013
スポンサーサイト

ドバイの開発やアマゾンの森林伐採など地球上の変化がわかるGIFアニメーション

ドバイの開発やアマゾンの森林伐… 2013/06/01 15:14

ドバイの開発やアマゾンの森林伐採など地球上の変化がわかるGIFアニメーション
http://gigazine.net/news/20130531-animated-gifs-of-earth/
GIFアニメーション20130531


1972年に1号機が打ち上げられてから今まで地球環境を観測し続けている人工衛星ランドサットが撮影した数百枚の写真を使い、アマゾンの森林が伐採されていく様子や、ドバイやラスベガスが開発されていく様子、湖が干上がっていく様子などが一目でわかるGIFアニメーションが作られました。

Animated GIFs of Earth Over Time
https://plus.google.com/photos/+GoogleEarth/albums/5875822979804092129

A Terrifying, Fascinating Timelapse of 30 Years of Human Impact on Earth - Emily Badger - The Atlantic Cities
http://www.theatlanticcities.com/technology/2013/05/terrifying-fascinating-timelapse-30-years-human-impact-earth-gifs/5540/
GIFアニメーション2013053100

まずは1984年から2012年までの間にドバイ沿岸が開発されていく様子。
GIFアニメーション2013053102


コロンビアの氷河が1984年から2011年にかけてどんどん後退していっています。
GIFアニメーション2013053101


1986年から2012年にかけてのラスベガスの成長。
GIFアニメーション2013053103

1984年から2012年にかけてのアマゾンの写真では森林伐採で緑が失われていきます。
GIFアニメーション2013053104


イランにあるウルミア湖はどんどん水が干上がっています。
GIFアニメーション2013053105

何もない砂漠から街ができあがっていくサウジアラビアの様子は作り物のようですが、実際に撮られた写真です。
GIFアニメーション2013053106



鉱業生産によって開発されてきたワイオミング州の1984年から2012年までの様子は以下のような感じ。
http://i.gzn.jp/img/2013/05/31/animated-gifs-of-earth/07.gif

これはペンシルベニア州のカーネギーメロン大学でNASA、the USGS、TIME誌、Google、CREATE Labの協力によって作られたもの。宇宙からの写真は1972年からNASAとthe USGSの協力によって何百万枚と撮影されており、今回のGIFは1982年から2012年までに撮影された写真がシームレスでつなぎあわせられました。Googleは「これはこれまで公開された写真のうち、最も惑星の変化を包括的にとらえたものだと思います」とオフィシャルブログで述べています。
 「諸行無常」変化は避けられない。

気候変動が初期人類の進化を後押し/英研究

【古環境】気候変動が初期人類の… 2013/05/25 15:03

【古環境】気候変動が初期人類の進化を後押し/英研究
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1369408794/-100
1 :一般人φ ★:2013/05/25(土) 00:19:54.18 ID:???
5月22日 AFP】南アフリカの初期人類は、湿潤な気候の時代に、文化・技術面で飛躍的な進歩を遂げたという英研究チームの論文が21日、
英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。人類進化の考古学的記録と気候変動の記録との
比較による研究で明らかになった。

解剖学的現代人の現生人類ホモ・サピエンス(Homo sapiens)がアフリカに最初に現れたのは、今から約28万年前から
3万年前まで続いた中石器時代だった。  南アフリカで見つかっている人類の文化・技術の最古の実例の中には、
革新的な進歩の痕跡を示す化石が発見されているものがあるが、何がこの進歩を引き起こしたかは、科学者らの間で謎のままだった。

この化石記録により、人類が顕著な進歩を遂げた時代は、1つは約7万1500年前で、もう1つは6万4000年前から5万9000年前の間
であることが明らかになっている。この時代の革新的進歩の例としては、複雑な言語の発達に関連する彫刻での記号の使用や、
石器や貝殻で装飾した装身具の作成と使用などが挙げられる。

論文の執筆者の1人、英カーディフ大学(Cardiff University)地球・海洋科学研究科のマーティン・ジーグラー
(Martin Ziegler)氏はAFPの取材に、「これらの革新の時代のタイミングが、急激な気候変動が発生した時期と
一致することを、われわれは初めて明らかにした」と説明した。

同氏は「文化的進歩が見られたこれらの時期に、南アフリカが通常より湿潤な状況にあったことを発見した」
として、「また同時期に、サハラ以南のアフリカの大部分は通常より乾燥した状況だったため、南アフリカが
初期人類の退避地として機能した可能性がある」と述べた。

研究チームは、南アフリカ東海岸で採取した堆積物コアを使用して、過去10万年間の南アフリカの気候を
復元した。堆積物コアの調査では、河川の流量と降雨量が明らかになる。

ジーグラー氏は「これにより、同時期の考古学的記録と気候変動記録との比較が初めて可能になり、現生人類の
起源を理解する助けになる」と電子メールで説明した。

論文の執筆者の1人、英ロンドン自然史博物館(London Natural History Museum)のクリス・ストリンガー
(Chris Stringer)氏によると、今回の研究結果は、人口増加が人的交流の増加を通じて文化的進歩を促進するという見方を
裏付けるものだという。

論文は「南アフリカおよびさらに広範囲で、気候変動によって誘起されたこのような動向はおそらく、
アフリカの現生人類の行動様式に見られる主要な要素の起源と、その後に起きたホモ・サピエンスの先祖の故郷からの
分散にとって不可欠だったのだろう」と結論付けている。(c)AFP

▽画像 スーダン(現南スーダン)・ベンティウ(Bentiu)近郊にある手押しポンプでくみ上げられた水(2009年11月9日撮影、資料写真)。
(c)AFP/RobertoSCHMIDT
2166695.jpg


▽記事引用元 AFPBB News( 2013年05月22日 14:16)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2945512/10783950

▽Nature Communications
「Development of Middle Stone Age innovation linked to rapid climate change」
http://www.nature.com/ncomms/journal/v4/n5/full/ncomms2897.html

Figure 1: Location of studied sediment core and archaeological sites in South Africa.
ncomms2897-f1.jpg

Archaeological sites are: Blombos Cave (BBC), Pinnacle Point (PP), Klasies river (KR), Howiesons Poort Shelter (HPS), Sibudu Cave (SC) and Border Cave (BC). Inset shows satellite image of the Great Kei river mouth, with its typical brow…

Figure 2: Modern rainfall variability over Africa.
ncomms2897-f2.jpg

(a) January and (b) August. Colours indicate days per month with measurable rainfall. The climate over large parts of Africa is characterized by a strong seasonality with summer monsoonal rainfall and the approximate position of the ITC…

Figure 3: Age model construction.
ncomms2897-f3.jpg

(a) Graphical correlation of G. ruber δ18O record of CD154-17-17K (red) to the EPICA Dome C deuterium record (purple) (EPICA) on speleothem-timescale of ref. 24. Age control points as dots, red dots are based on radiocarbon dates and bl…

Figure 4: Climate change during the Middle Stone Age in Southeast Africa.
ncomms2897-f4.jpg

(a) Ages of Southeast African Middle Stone Age events7, 8, 10 (error bars indicate 2-sigma ranges), coinciding with Heinrich events 4–6 and cold Greenland stadials 19 and 20. (b) δ18O record from Greenland ice core NGRIP25 (light blue,…
Figure 5: Calibration of the XRF scanning counts.
ncomms2897-f5.jpg

Calibration using a set of samples that was analysed for absolute bulk elemental concentrations using ICP-MS. (a) Fe/K XRF scanning counts versus absolute Fe/K ratios. (b) As in a but for Fe/Ca. (c) Fe/K scanning counts and absolute Fe/…
Figure 6: Additional XRF scanning profiles from CD154-17-17K.
ncomms2897-f6.jpg

Ca normalized (Ca/total counts per second), Fe normalized, Mn normalized, K normalized, Fe/Ca and Fe/K ratios.

南京で家禽殺処分 損失は市民が負担

南京で家禽殺処分 損失は市民が… 2013/04/16 09:03

南京で家禽殺処分 損失は市民が負担

【新唐人2013年4月16日付ニュース】最 近、南京市都市管理局が、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスの拡大を防ぐため、市の全ての鶏を殺処分すると発表したことが、中国世論の焦点となってい ます。一方、このことは市民の強烈な不満を買い、鶏を守るために城管(じょうかん)と呼ばれる都市管理局の職員と対抗する市民に対し、ネット上では声援が 上がっています。

南京市都市管理局が近日“最後通牒”を出し、4月9日までに、市民が飼っている家禽を全部処分するよう命じました。応じない者に対しては当局が殺処分を強行するとのことです。

南京市建鄴区都市管理局
「この水曜日から全ての通りをパトロールしています。鶏や家禽の飼育を発見した場合、自ら殺処分するよう説得しますが、応じない場合は殺処分を『手助け』します」

南京市民 李龍さん
「許可証のない市民が飼っている豚や鶏を彼らは全部殺しました」

中国メディアによると、 4月11日、南京市建鄴区(けんぎょうく)の女性が、家で飼っていた鶏3羽を隠そうとしたところ阻止され、城管と口論になりました。興奮した女性はビール瓶で城管を殴り、けがを負わせ、地元派出所に呼び出されました。

「鶏3羽を隠そうとしたが、阻止された女性が城管と口論になった。興奮した女性はビール瓶で城管を殴り、けがを負わせ」

南京市建鄴区都市管理局
「けがをした城管隊の職員は応援に来ていて、多分町内会の所属です」

報道によると、南京市都市管理局のこの殺処分令に対し、多くの市民が抵抗を見せています。一方、家禽の殺処分による損失は公共財政から捻出されるのか、それとも市民が負担するのかまだはっきりしないそうです。

南京市民 李龍さん
「新聞には政府が損失の50%を補助すると載っていますが、市場はこれを認めていません。政策を実行できるかどうかまだわかりません。庶民のことは誰もかまってくれません」

香港では鳥インフルエンザが原因で生きた家禽 の取引市場を封鎖するといったことを何度も経験していますが、その都度の損失は政府が全額負担しています。これに対し、中国のネットユーザーは “南京の城管は鶏の殺処分を強行するだけで、相応の補償制度やフォローは何もない。それでは庶民が愚痴をこぼさない理由がどこにあるのか” と不満をこぼします。

新唐人テレビがお伝えしました。
http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jp/society/2013-04-15/420593678974.html


http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2013/04/13/atext879923.html(中国語)
(翻訳/坂本 ナレーター/岡崎 映像編集/工)

炭素埋設

炭素埋設 2013/04/09 20:30

炭素埋設
http://gendaifusui.com/maitan/index.html

【陰宅風水に使われた炭】
 中国では住宅の風水を陽宅風水、お墓の風水を陰宅風水と言って両方共に重視しています。陰宅風水はわが国においては古墳のようなものをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。昔のお墓は火葬ではなくて棺に入れて土葬をしたのです。
中国の風水先生は風水の良き地(龍穴)を探して、そこへ埋葬することによって子孫が栄えるようにしました。中国の山村地帯へ行くと、現在でもそのような風習が残っているようです。
 さて、この陰宅風水に関して注目すべきことがありま す。それは1972年に湖南省長紗で発見された馬王堆(まおうたい)古墳です。出土品の調査により約2千年前の古墳と分かりました。棺の中からは婦人の遺 体が見つかりましたが、何とその姿は死後4日くらいの状態で、皮膚には弾力があったそうです。この理由を調べると棺の周りに5トンもの木炭で囲まれていた ためと結論づけたのです。この木炭には酸化還元反応という化学反応があります。酸化というのは物質から電子が取られてしまうこと。還元とは物質が電子を受 け取ることです。金属が錆びるのは酸素がくっつくからで、この酸素を酸化剤と言います。また酸化する時には電子が奪われます。高温で炭素と反応させると金 属から酸素が奪われて錆が取れた状態になります。この炭素を還元剤と呼びます。還元する時には金属に電子を提供するのです。食物でも空気中に長時間放置す ると腐ってしまいますが、これが酸化された状態なのです。これで炭素がたくさんあると食物が腐りにくい状態になることがお分かりになると思います。
kanoke.jpg

【炭素埋設の原理】
 住宅下の土中に炭を大量に埋設する工法。これを埋炭 (まいたん)と言います。埋炭の原理とは良質な炭(炭素)が地中に存在する微量の電子を集める作用があります。一定以上になるとその電子を地中から地表面 に放出させ、宅地に電子の多い環境、すなわち気持の良い環境になるというものです。その電子を人体が受け取ることにより、還元作用が働いて健康づくりに役 立つというものです。
ところで埋炭が良いと思って、バーベキューに使う燃料炭を埋めた場合、湿気を吸い取って、やがてカビが生えてしまい効果はまったくありません。よって純度 の高い炭素の埋設が必要なのです。私どもは炭化率97%以上のセラミックの粉体を20キロ入り袋にした「風水の炭」をメーカーと協力し、開発しました。こ れを地中に6袋、合計して120キロほど1.2m角の穴を掘って埋設します。

  酸化とは
①酸素と結合すること
②水素を放出すること
③電子を放出すること
④酸化数が増加すること   還元とは
①酸素を放出すること
②水素と結合すること
③電子を受け取ること
④酸化数が減少すること
※人体にとって酸化は悪い影響を与え、還元とは良い影響を与えます


【効果の検証】
 2007年3月、埼玉県川越市のあ るお宅で庭先に埋炭を行いました。風水で良い場所ではあるのですが、さらに良くなるようにとの施主さんのお考えです。それで施工直後に埋設予定地の電位差 を測ってみました。120.6mv(ミリボルト)ありました。決して低い数値ではありません。されから2カ月経過した5月のある日、再度訪問して埋設地の 電子量を計測してみました。すると今度は242mvになっていました。ほぼ2倍の電位差の上昇を示しています。(注 写真4では計器の表示桁数を変えてい ます)
施主さんはとても気持の良い環境になったと喜んでおられました。このお宅では新築後の埋設だったため建物の中心部に埋設できなかったので、庭先に埋めました。朝方、この方面のガラス戸を開くと、良い気が入り込むと言われます。
写真1 炭素120kgを埋設
m-01.jpg

写真2 土をかぶせる
m-02.jpg

写真3 施工直後に電位差を測定する
m-03.jpg

写真4 2カ月後に電位差を計測する
242.jpg
地表面の電子量を測定するのには電流計を用いて図のような方法で行い ます。まず地中25cmに銅製の電極を差し込みます。次にもう1本の電極を地中5cmに差し込みます。そうすると電位差がミリボルトで表示されます。+で 表示されると電流は地表面から地中面へと流れています。電子は逆の動きをするので地表面には電子が多く存在することになります。左の図では良好な土地でマ イナスイオンが地表面に漂っているように描いています。この状態に炭素埋設をすると更に地表面には電子量が増え、イヤシロチ化されるわけです。一方、右の 図では劣悪な土地で電流が地中から地表に流れています。電子は地中に引っ張り込まれて地表面には存在していません。人体に悪い影響を与えるプラスイオンが 存在しています。この土地に炭素埋設を行うと電流の流れが地表面から地中へ流れが変わります。 炭素が持つ電子は地表面へと涌出するのです。これまでケカレチ([気が枯れた土地]であったものがイヤシロチ化されるのです。最近の住宅ではコンクリート の基礎を打つことが少なくないですが、電子はそれにじゃまされることなく地表面に涌出します。120kgの炭素を埋設すると半径15m程度に影響すると言 われています。

p1-3.jpg
p2-3.jpg
ところで、高圧鉄塔近くの住宅では極端に地表面の電子が少ないと言われています。こうなると人間が酸化される環境と言えます。そこで、広島市内の施主さん の協力を得て、メーカーの方が施工前の宅地電位差を測ってみました。驚くことに-120mvであることが分かりました。これは電子が地表面に全く無い状態 です。そして埋炭した3カ月後に計測すると295mvにもなっているのです。埋炭によって良好な環境に変化したことが実証された訳です。

カタカムナ文明(カタカムナぶんめい)は、物理学者の楢崎皐月が提唱した、先史時代の日本に存在したとされる超古代文明。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%8A%E6%96%87%E6%98%8E
2124071.jpg

2124072.jpg

2124052.jpg

2124073.jpg

2124074.jpg

2124043.jpg

2124056.jpg


プロフィール

taigen太玄

Author:taigen太玄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。